新築京町家

民家と京町家

京都を代表する歴史的建造物『京町家』は、現在も店舗や住居として利用されています。
京町家の原点は平安時代まで遡ると言われていますが、現在の形になったのは江戸時代後期だそうです。
「民家」という言葉が使われることもしばしばありますが、「農家」「町家」を総称したものが「民家」です。
主に庶民の住宅を指しているのが「民家」であり、そこから農家や町家と分類されています。
「町家」は主に商工業を中心とした都市型住居を指しています。
町家は一般に宿場町や城下町に多く見られますが、京都では旧市内の中に土地の区割りとともに
京町家は細長い形状で作られ残っています。(一部では大きな間口の京町家もありますが)。
現在、京都市内で残されている京町家の数は約47,000戸であり、京都市ではこれらの京町家を健全な形で次世代へと残すいろいろな取り組みをおこなっています。

京町家は昭和25年以前の建物(建築基準法制定以前)

京町家とは「昭和25年以前に伝統的木造軸組工法で建てられた木造の家」であることが京都市により定められています。
京町家と言えば「ウナギの寝床」のようね形状を連想されると思います。
間口は狭く奥行きは長く、隣家と軒を連ねており、その多くは狭い路地に面しています。
昭和25年に建築基準法が制定されましたが、京町家はそれ以前の建物ですからより身近な素材の木や土等、材料の性質をいかした工法となっています。
建物全体で地震や強風など外からの力を柔らかく吸収する構造に特徴があります。現在の建物とは違った意味で理にかなった作りとなっています。

京町家の良さ

京町家は伝統的な工法と、昔の人の知恵が詰まった建物です。
そもそも京町家は狭い路地に面して作られていることが多く、両脇には隣家があることがほとんどでした。
それを考えると決して良い環境ではなかったと言えるのではないでしょうか。
その分、快適に生活するための知恵と工夫がたっぷり詰まっているのです。
京町家の一番の良さは、その涼しさです。
外壁や内壁に熱容量の大きい土壁を使用することで断熱性を増して湿度を調整し、続き間を持つ平面と引戸で開放できる空間に設えて風を通し、光を取り入れています。
又、表の出格子をつけることで風通しを良くしても、各戸のプライバシーの確保は考えられています。
他にも中庭や坪庭を作り光や風を取り込む工夫がなされていることから、都市空間で快適に生活できる作りとなっています。

京町家を現代に―新築京町家

昔ながらの京町家をリノベーションされる方も多いのですが、新たに新築で京町家の家を建てる方も増えています。
京町家の持つ風情と利点をそのままに活かした新築京町家は、斬新で新しいスタイルの町家となるでしょう。
新しいのにどこか懐かしい、それが新築京町家の大きな特徴ではないでしょうか。
新築京町家の特徴は、現代の工法で建てられていることです。
京町家の良さと特徴を存分に活かした素敵な住まいです。
木の温もりを感じ肩の力を抜いて生活することができる「ホッ」とできる空間、それが新築京町家です。