再生可能エネルギーについて

再生可能エネルギーとは

「再生可能エネルギー」というの言葉を耳にした事はあるでしょうか。
あまり聞き慣れない言葉ですが、地球で生きる私たち人間にとってとても大切なものです。

再生可能エネルギーとは自然界に常に存在するエネルギーのことです。
石油や石炭、天然ガスといった化石燃料は限りのあるエネルギー資源です。
化石燃料は、現在主流となっているエネルギー源ですが、地球温暖化の原因と言われているCO2が排出されます。
地球温暖化の主な原因となっているのが「温室効果ガス」です。

その中でも石油や石灰など化石燃料(の燃焼)により排出されるCO2が地球温暖化に大きく影響していると言われています。
地球温暖化防止、そして地球環境を守るために最近では地球にやさしいエネルギーが注目されています。
それが「再生可能エネルギー」です。

限りある化石燃料とは違い、一度利用したとしても短期間での再生が可能。
繰り返し利用できるため資源が枯渇しないのが特徴です。
また、再生可能エネルギーと同じ意味合いで使われることのある「自然エネルギー」は、再生エネルギーの中の一部であります。

再生可能エネルギーの種類

再生可能エネルギーにはさまざまなものがありますが、代表的なものが以下になります。

水力
水力を利用して作ることのできる電力。
水力発電と言えばダムを連想するかと思いますが、最近では中小水力発電の建設が活発化しています。
川の流れを利用したり、上下水道を利用するものもあります。
風力
日本ではまだ馴染みがありませんが、風力発電はヨーロッパでは主流となっているものです。
日本において風力発電で知られているのが三重県の青山高原です。
今後日本においても風力発電の導入が進むことでしょう。
地熱
日本には活火山がたくさんあります。
そのため、地熱を利用した発電は昔から注目されてきました。
現在東北や九州を中心に地熱発電所が展開されています。
バイオマス
動植物から産まれた生物資源をバイオマスと言います。
木質系や肥料から採取するバイオガス等もあります。
この生物資源を活用し、燃焼したりガス化することで熱源として利用したり発電をします。
太陽光
現在最も馴染みのある再生可能エネルギーが太陽光発電ではないでしょうか。
太陽の光エネルギーを直接電気に変換するもので、一般家庭にも導入されています。

再生可能エネルギーの利用

現在日本における再生可能エネルギー比率は15%~18%だと言われています。
2012年7月から再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社(電気事業者)が買取ることのできる制度(FIT)が開始されました。
水力・風力・地熱・バイオマス・太陽光といった再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社に売却することにより、
電力会社は一般家庭や企業、工場、施設などへ電気を供給しています。
このシステムで馴染みがあるのが太陽光発電です。

個人が太陽光発電システムを導入し、電力会社に売却することは決して珍しくありません。
自宅屋根に取り付ける太陽光発電システムでは少々難しいかもしれませんが、
所有している土地などに太陽光発電システムを設置することで、売却可能な量の電気を発電することができます。

電気はとても大切なエネルギー資源です。
2011年に発生した東日本大震災をはじめ、各地で発生している大規模な地震の影響で、
電力会社の発電システムの稼動が不能になってしまったり、稼動していたとしても発電量が少ないなど電力不足が続いています。

特にエアコンを使用する夏場は電力不足になりがちです。
その不足分をまかなう事ができるのが再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーの今後の動向

再生可能エネルギーの導入はまだ十分とは言い難い状況です。
しかし地球環境問題においても、いつかは枯渇してしまう恐れのある化石燃料問題においても、今後再生可能エネルギーを主体で考えるべき時なのではないかと思います。
そこで考えるべきは再生可能エネルギーの今後の動向です。
日本は太陽光発電において世界トップクラス。
政府は2020年までに標準的な新築住宅を、政府が進めているエネルギー政策「ZEH(ゼッチ)」仕様にするために補助金を交付しています。
既に2012年から始まっており、これまで数多くの方々が補助金を受け取りました。
ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のことで、家庭内において消費する電力エネルギーを、全て家庭内で作り出す家のことを指しています。
2020年までにZEHを標準化することが現在、そして今後の政府の目標です。
個人の省エネに対する意識が高くなりそれらが実行されエネルギーロスやエネルギーの省エネ化を始めとしてゴミ資源の利活用等がうまくなされれば、我々をとりまく環境も良い方向へ進んでゆきますね。