京都市中京区「H様邸新築工事」

3月に工事を着工致しましたお住まいの棟上を先月の吉日に行いまいました。

前日に桧の土台を据えた基礎に柱を奥から建てていきました。

1階の管柱までは大工さんにいつも組んでいただくのですが、梁や長い通し柱などはレッカーの力を借りて行います。
(どうしても重機が入れない現場は人力のみで行う場合もあります。)
間口が狭く奥行きの長い敷地でレッカーのアームも最長に伸ばして行います。

素晴らしいアーム捌きの職人技にいつも感心すると同時に、改めて現場はこのような職人さんの技で進められることにとても感謝します。

2階の床梁りを組んでいきます。

間口が狭いので広い空間を取る箇所には集成材を使用しています。

こちらは2階の梁が組めたところを下から撮りました。


正面はこんな感じです。

この日は最後垂木まで掛けて終了です。

3方が建物に囲まれているお住まいのため、光の取入れ方など家づくりの参考になるようなところも今後のブログでご紹介させていただきます。
設計監理は株式会社くまのすみかさんです。

こちらのコラムもご参考にしてご覧下さい。
新しい木の素材(建材)
日本の樹・桧1

お問い合わせ