建築中一覧

気密工法について

気密工法は「断熱」「気密」を組み合わせた住宅で、断熱材や気密シートで家全体を包み込みます。
「断熱」・・・床下、壁、天井に断熱材を充填する。家の中と外の環境を分け、熱が伝わるのを少なくする
「気密」・・・家の隙間をできるだけ無くし、家の中と外の空気の交わりを無くす

~高気密、高断熱住宅のメリットは~
● 冷暖房効率も良くなり、温度の変動も少なく、体への負担も少ない室内環境になります。ヒートショック対策にも有効です
● 家の中の温度差が小さくなることで結露しにくくなり、住宅が長持ちする
● 温暖化の原因となるCO2排出量も削減
● 壁体通気を抑制し断熱性能の低下を防止する
● 計画換気の性能保持
● 音が外に漏れにくい

これからの季節でしたら、湿度の高い空気や真夏の熱風などの不快な空気の侵入を防ぐ事ができます。
反対に、隙間から室内の快適な空気が外に逃げるのも防いでくれます。

施工中の現場ブログにもアップしております「桂坂の家」は気密工法で施工しています。https://www.takeuchi-kyoto.jp/update/blog/4088/ 

気密は断熱材グラスウールに気密シートを貼って取っておりますが、外壁の面材(ダイライト)のジョイント部にも気密テープを貼りました。サッシがついた状態でどの程度の気密があるか先日気密検査を行いました。

                                            

写真の装置を使って測定です。

サッシはしっかり閉めて

これから木製建具が付く窓は空気が外に出ないようにしっかり閉じます。そして空気がどの部分から外に漏れているかを調べます。目で見ることは出来ないのですが空気の流れは感じる事が出来ます。サッシ部の場合はその製品の気密性能によりますが木部の取り合い、外部に繋がっている排水口などの場合はもう一度テープをはり直したり、簡易ウレタン断熱材を吹きつけたりします。

試験の結果はc値 0.65㎠/㎡でした!
C値というのは建物の面積に対してどれくらいの隙間があるかを写真の装置を使って測定したものです。(一般的に高気密仕様は 2.0㎠/㎡ 以下とされています)

竣工前にももう一度気密測定を行います。その頃は大きな木製の窓がついておりますので数値が気になるところです。

 

 

 

 

 

 

京都市左京区 下鴨の家

3月に和歌山県へ材料を見に行きそして建て方が同じ月の終わり頃にありました。
こちらは前日の土台据付の様子です。

工場で見せていただいた桧です。桧の香りが現場中いっぱいです。

そして翌日の上棟です。残念な事に現場に行けたのは夕方近くになってからでほとんどいい所が見れませんでした。
平屋のお住まいですが天井の高さをたっぷり取っておられるので建物の高さは周辺の二階建のお住まいより少し低いくらいでした。

そして内部の軸組です。柱は幾つか現しで見えてくるのですが梁は現しそのままで見えてきます。(和歌山で見せていただいたものです。)

こちらのお住まいは木材を主にご案内させていただいたのですが気密住宅(地域型住宅グリーン化事業・低炭素住宅)としても設計されています。
土台と基礎の間の基礎パッキンは外部に面する外周部は気密パッキンで内部にあたる部分は通気のとれるパッキンを採用されています。

そして基礎断熱です。

床下も同じ室内として考え天井までの空気の流れは床下も含め流れるように計画されています。(床にはガラリがつけられます。)
気密住宅の考え方として断熱材を使って夏の暑さや、冬の寒さを防ぎます。気密をすることで外部からの空気の漏れを防ぎます。そうすることにより冷暖房に頼り過ぎなくても年間を通して快適な室温を保つことが出来きエコロジーなお住まいになります。弊社自社物件ではまだ実践させていただいたことがないのですが、技術を少しでも習得してみなさまのお住まいづくりにお役に立てないか日々勉強中です。
現場は屋根仕舞いが終わり断熱材が充填されています。また引き続き現場状況をアップさせていただきます。

 

京都市西京区「桂坂の家」内部下地工事

先日無事上棟しました、京都市西京区「桂坂の家」の現場です。

こちらはソーラーシステム「そよ風」を設置し、空気を循環させる仕組みを取り入れた住宅。
断熱性能や気密性能をしっかりと組み合わせ、快適な温度で過ごせる住まいになるよう工事を進めています。

現在内部の下地工事が進んでいます 勾配天井を活かしたロフトのある空間も少しずつカタチになってきました
天井下地貼り

屋根面には「そよ風」が設置され、室内の温度を快適に保つため、内部は気密シートで覆われています
換気扇

南側の開口も大きく気持ちの良い風が入ってきます 吹抜けを通して1階リビングにも光がはいる設計です
南面開口

作業用に合板が貼ってありますが、リビングは吹抜けの空間になります
吹抜け

こちらには防音室が入ります
防音室

今後も「桂坂の家」現場からご紹介させて頂きます!!

前回のブログはこちら↓↓
京都市西京区「桂坂の家」プレカット打合せ

京都市左京区 下鴨の家 紀州材の見学2

先日のブログにもアップさせていただきました。下鴨の家の構造材である紀州材の工場内見学です。


まずは製材の様子を見せていただきました。皮のついたマルタがみるみるうちに角材に変わっていきます。


そして製材された柱などのどのような所を見れは良い材かなどの見方を教えていただきました。
このような芯持ち材の場合は年輪の中心が真中にきていてかつ円が大きい方が良い材とされています。

今回見学させていただきました和歌山県の山長商店さんは無垢材の材料によく見られる
外側の割れが殆ど出ないそうです。それは厳しい品質管理もそうですが独自で開発された高温蒸気式減圧乾燥機によるものが大きいそうです。またその乾燥機に使う熱源は製材で出た端材や皮で全て賄われているそうです。
とてもエコです。


上の3つの画像は検品の様子です。まずは目指で表面の割れなどを確認します。そして次に含水率とヤングを測ります。数値が規定に合わない事と目視で見つからなかった小さな割れなどが再度確認されます。

そして工場見学を楽しんでいる間、設計士さんと監督は現場で使う材料のチェックをされていました。

上の写真は現しで見える梁です。そして下は柱です。構造図を見ながらどの通りにどんな表情のものがくるか細かくチェックされています。施工中はこれら化粧材は養生されていて後半にならないと現場では見れませんがまた楽しみが増えました。今物件の全ての構造材はこちらの杉、桧です。既に上棟は先日終わりましたのでその時の様子はまた後日UPさせていただきます。

京都市西京区「桂坂の家」プレカット打合せ

2月に着工しました「桂坂の家」プレカットの打合せをしました。

今回の住宅は設計士さんの監理が入っており、プレカットを採用されました。

土台と柱は桧、梁などは米松を使用する予定です。

「桂坂の家」は防音室と空気集熱式ソーラーシステム「そよ風」を設置予定の住宅です。

「そよ風」は、太陽エネルギーや放射冷却など、自然の力を最大限に取り入れた家づくりの仕組みです。

冬は暖かく、夏は涼しく、快適な住まいの完成に向け、工事を進めてまいります。

打合せ風景
設計士さん、プレカット屋さん、大工さんと弊社スタッフ

打合せ2
担当者が集まり細か部分まで確認していきます