ブログ一覧

宮川町の家・京町家リノベーション完成

2017.5.2

宮川町の家・京町家リノベーション完成

 

昨年来建物の改築工事をしていた宮川町の家・京町家リノベーションが完了し引渡をしました。

建物の工事は、昨年から本格的な揚げ前工事をして建物の傾きや床の高さの調整を済ませて内装工事に入っていました。

元の建物は宮川町という場所がら、お茶屋さんを営業されていたお店で、和室の続き部屋と和室の小部屋がとられている典型的な京町家の様式を持った建物でした。

京町家の粋が丸窓、下地窓や欄間の竹飾り、床柱や栃の縮み杢をもつ地板、襖柄等各和室の随所に見られ、全体的に遊び心のある設えとなっていました。

これらの特徴や良さを活かして、内装とくに左官の聚落壁塗を塗り替えて、木製建具は一部ペアガラスを入れるなりと機能的にも使い易くするのと、古建具を新しく組込み、古びた京町家の風情を保ちつつ全体の調和を計っています。

又施主のご要望で、玄関下駄箱の天板や和室の飾板には新しく桜の天板やケヤキの天板等の無垢材を使ってこの京町家リノベーション工事を完成しました。

通りの風情にもなっていた古い建物が、新しくよみがえったと近隣の方からも喜ばれています。

 

玄関と下駄箱

 

玄関脇 和室

 

1F 和室

 

シャワールーム
2F 和室
床柱と飾り束

 

 

(建築中)O邸 建て方、上棟

O邸の工事も基礎工事が完了して、上棟にむけて土台伏せをしています。土台は、桧の4寸角材です。桧材には防蟻・防腐効果があります。(ヒバ材も同様ですが、)関西では桧材が豊富にあるので桧材を使います。

土台下には基礎パッキンを敷き、床下の通気を確保しています。

あらかじめ工場で加工された材(柱、梁材等)が現場に搬入され積まれています。

そしていよいよ建て方開始です。レッカー車で梁を吊り、1階の柱と梁を組立ててゆきます。そして次に2階の柱、梁組そして小屋組(束たて、母屋)ここで棟木(水平材)をおさめ棟上げ(上棟)となります。

後、上棟式へと移ります。祭壇を設け上棟の祭礼をし、直会へと移ります。

今まで基礎工事や一部配管工事をしていた人たちが現場で仕事をしていましたが、これからは大工職人をはじめとする大勢の人達が、現場で仕事をしてゆきます。この棟上げの場が、初めて大工さんとお施主さんとが顔を会わせる機会となります。工事関係者一同、工事の安全を祈って、各自がこのお仕事を精一杯やらせていただくことを誓い、この建物が工期通りにいい建物に仕上がることをお祈りし無事上棟式を終了しました。

RCベタ 基礎完了

建て方1

建て方2

建て方完了

上棟式

 

 

 

 

宮川町の隠れ家 完成

 

昨年施工していた宮川町の隠れ家が完成しました。(昨年の暮れですが)

新築町家で小さなお住まいですが、上質な空間とともに素材を選び丁寧に作られています。

1階のDKは、杉の一枚ものの無垢板をL型に取付けて大勢のお客様のご対応を想定しての一部屋として計画されています。

キッチンも大工造作の造り付けキッチンです。杉の一枚板を加工した扉が

木目がとおり秀逸です。

2階はロフトを含む寝室となっています。

特別なときのロフトの空間があるのも何かと便利です。

 

1階L型カウンター

 

 

キッチン収納

2階ごろんぼ(太鼓梁)とロフト

 

 

紫野の京町家リノベーション 完成

紫野の京町家リノベーション 完成

昨年施工していた紫野の京町家のリノベーション工事が完成しました。(昨年の暮れですが)

リノベション前の建物は、京町家で時おり別荘代わりにお使いになられて いた建物です。弊社が新築工事をしていたお隣にこの建物があり、そのご縁で知り合い雑工事等の仕事の依頼を受けているうちに、思い出のあるこの京町家を残したいというご相談も受けて新しいオーナーさんを見つけてご紹介をさせていただきバトンタッチをしました。

この建物は、中央に勾配の急な階段がありましたが、勾配を緩くするとともに階段の位置をLDKからの寄りつきで2Fにあがれるように変更をしています。

又和室がベースの建物ですが、良い素材が残っていて、竹の網代を使った古い建具や丸窓や障子等の風情があるものが残っており、これらを活かして再利用して水回りのキッチンや浴室、洗面トイレは新しく作り、和室や2F洋間(大正ロマン)等は最低限の改装をしました。

この建物は、元住まい手の想いと新しい住まいての想いをつないでよみがえりました。

1F  和室

2F 和室

1F  LDK

1F LDK階段

2F書斎

ブログ1

浴 室

竹網代の建具再生

(社長のブログ)かつみ ゆきお「木の仕事」作品展

 かつみ ゆきお「木の仕事」作品展

 かつみ ゆきおさんという工芸家の作品展が、嵯峨清滝町のギャラリーテラで開催という案内をいただき、かつみさんが作品展開催中はおいでになるということで行ってきました。
会社から車でも10分足らずの所に嵯峨・清滝(愛宕さんの登り口)というところがあり、そこに清滝川沿いの街道筋にギャラリーテラさんがあります。
10数年前に大型町家のリノベーション工事「板橋の町家・ほっこり」(小規模多機能介護施設)をやらせていただいた時に、オープン前にずっしりとしたウォールナットの座卓と椅子をかつみさんが制作し納められたご縁で知り合いました。
以来何度かお目にかかることがありましたが、今回は近くでお会いできるとあって飛んでゆきました。現在78歳になられますが、仕事にかける情熱というか、木に対する愛情両方でしょうか、使いきれるかというような量の山と積まれた材を形にかえ、日夜創作に励まれています。
かつみさんは静岡に工房を持たれて、ここにどっさりと山盛りの材が山積みされています。
私も写真でしか見たことが無いのですが、一度機会を見つけて是非ともいってみたいと思っています。

かつみ ゆきおさんの「木の仕事」展は、4月1日(土)〜4月9日(日)という短期間ではありますが、ギャラリーテラさんで開催されています。
詳しくはこちらをご覧ください。

  ギャラリーテラ
     ギャラリーテラさん         

 作品ポスター

     作品展ポスター

 展示1
  
     展示風景1              

 展示2

     展示風景2

 

 ほっこりさん

    板橋の町家・ほっこりさん        

  

    かつみさん制作の座卓