最新情報一覧

京都市右京区「嵯峨小倉山O邸」京都の木の家づくり表彰事業 奨励賞

京都市右京区「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~ が「京都の木の家づくり表彰事業」で奨励賞をいただきました。
この表彰事業は優良事例を表彰し、広く紹介することで、京都府内産木材(地域産材)の利用推進を図り、環境にやさしい家づくりが浸透していくことを目的に京都府産木材利用推進協議会が主催をされています。
木材利用面、建築技術面、京の木の文化 の3つの側面から審査が行われます。
「嵯峨小倉山O邸」~通り土間のある家~の奨励賞は、当社が大切にしている、地域産木材を使った家づくりを評価いただき、大変光栄に思っています。


「嵯峨小倉山O邸」は地域の木を使った家づくりに共感下さり、主要構造部と一部内外装に京都府産認証木材を使わせていただきました。
風致地区という地域がらもありますが、お施主さまに、和モダンな住まいにしたいという思いがあり、
塀部分の焼杉板や、格子の玄関戸など、昔から京都の建物に見られる和の設えを取り入れることが出来ました。
外壁は左官仕上げ、屋根はいぶし銀の日本瓦という、嵯峨の景観に溶け込むような建物になりました。


小さくても良いので和室を作りたいという希望がありました。
和室は木部の現しの部分も多く、北山丸太を使用した床の間をはじめ、大工さんの手仕事の技が随所に見られる空間です。


リビングの化粧柱には北山丸太を使用し、大工さんの手加工で、木組みの部分を造っています。
建具枠、窓枠にも京都府内産の杉、桧を使用し、カンナ仕上げとしています。

当社の自社設計「木楽の家」では、地域産木材を使った家づくりの提案をしています。
木材をなるべく近くから調達することで、輸送の際に環境にかかる負担を小さくすることができます。
環境にやさしく、地元の山の保全にもつながるような木の家づくりは当社の大きなテーマでもあります。
これからも地元京都の木を使った家づくりの良さを伝えていきたいと思います。

今回「嵯峨小倉山O邸」で使用した数量は下記の通りです。
・京都府内産木材の総数量=25.16㎥
・CO2の削減効果=-887㎏-CO2

今回のブログに関連したコラムです。こちらもぜひご覧ください。
関連コラム「ウッドマイレージと緑の工務店について」
関連コラム「木楽の家」
関連コラム「日本の樹、杉」
関連コラム「北山杉、台杉について」
関連コラム「住まいの屋根と瓦」
関連コラム「京の山と樹木」

過去の現場ブログはこちらをご覧ください。
京都市右京区「嵯峨小倉山通り土間のある家」竣工写真
京都市右京区「嵯峨小倉山通り土間のある家」仕上げ工事
京都市右京区「嵯峨小倉山通り土間のある家」外壁工事
京都市右京区「嵯峨小倉山通り土間のある家」

お問い合わせ