ブログ一覧

向日市N邸 「蔵の家」のリノベーション

向日市N邸「蔵の家」のリノベーション工事がスタートします!!

母屋に隣接する「蔵の家」以前は農機具や物置として利用されていました

今回フローリング貼の居室にリノベーション工事をします

現況を下の写真でご紹介します

外部には農機具等の収納スペースが付け足されていますが、
こちらは撤去し、手前はコンクリートの土間になる予定です
外観2

母屋に隣接した様子
木製の扉はLow-eガラスの入ったのサッシに変わる予定です
外観2

現況の入口は掃出しのサッシに変わる予定
入口

既存の土壁の上に漆喰塗りで仕上げ、窓も新設する予定です
内部

大きなゴロンボのある空間
屋根面に断熱材を施し、
トップライトで明かりを取り入れ、ロフトと吹抜けのある空間になります
小屋裏

竹小舞荒壁塗りの壁の伝統的な造り
竹小舞の壁

玄関、トイレも備えた離れの空間としての計画です。
今後も工事の様子をお伝えします!!

オーダーキッチン

弊社がお手伝いさせていただいてますお住まいはほとんどが注文住宅です。その中でも住まい手さまがこだわられる箇所の一つはキッチンです。
メーカーさんが出されているシステムキッチンもあれば大工さん、家具屋さんで制作していただく造作キッチン。住まいて様のこだわりで様々です。
そのなかで最近お手伝いさせていただいたお住まいのオーダーキッチンをご紹介させていただきます。



右京区のO邸です。設計は 楠本菊實/Ks ARCHITECTさんです。家具屋さんによる造作キッチンです。天板はステンレスでシンクも制作ものです。


こちらのお住まいはまだ施工事例にUPしていないお住まいになりますが新築町家です。コンロしかこちらには写っていませんがシンクは背面のカウンターにあります。

こちらのカウンターがシンクと一体になっています。

キッチンはこのようなイメージです。設計は株式会社 クカニアさんです。

少し番外になりますがこちらはメーカーさんのシステムキッチンの扉をタモの造作建具にかえました。無垢材にこだわられたいけれどシステムキッチンの便利さも良いというご希望です。

自社物件のお住まいです。

2月3日に開催します完成見学会の嵐山の家もオーダーキッチンです。これからお住まいをご計画中の皆様もご参考になるところがたくさんあると存じます。
ぜひこの機会にお立ち寄り下さい。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年は各別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も精一杯皆様のお住まいづくりのお手伝をさせていただけるよう努力してまいります。

2018年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成30年1月5日 
株式会社 竹内工務店 スタッフ一同


ok project 2017年8月竣工

築29年の住宅リノベーション工事 ②

現場で大工さんが木工事中です。
壁も立ち上がり、室内の形が見えてきました。

階段
前回は工事用の梯子がかかっていた吹抜け部分。
桧集成材の階段も完成。

造作家具
廊下部分の造作デスクと棚

打ち合わせ
キッチン部分。おさまり等、大工さんと検討していきます

外部
外部は、たたき風洗い出し。
玄関土間は、墨モルタル等で仕上げる予定です。

木造住宅リノベーション工事の引き渡し

先日、木造住宅のリノベーション工事が完了し、引き渡しをさせていただきました。

建物は築約50年。お施主様のご両親が生活していた大切なお住まいを

住み継がれていくため、工事を行なわれました。

断熱材が入っていた箇所もあったのですが気密などがほとんどなく冬はとても寒く、夏はとても暑いとおしゃっていたので

今回新たに改修させれいただいたお部屋の外壁部、天井裏には断熱材を充填し、窓はインナーサッシと新設したサッシはLow-eペアガラスの樹脂アルミの混合サッシにしました。

以前は聚楽壁で畳みの和室だった2階は杉の床に壁はタナクリーという漆喰の塗り壁で仕上げました。

2階洋間

1階キッチン

なるべく自然素材でというご要望だったので可能なところは自然素材を使用しました。
こちらは前回のブログで素材を紹介させていただいてます。ご参考になさって下さい。⇒住まいと自然素材

机
写真はお父様が使っていた文机です。
今回の工事の際に大工さんが削って、塗装を施し、テーブルに生まれ変わりました。

世代を超え大切な物を使い続けていく。

こういった想いを仕事する仲間と共有し、家づくりをしていきたいと改めて感じました。