最新情報一覧

SE構法

SE構法とは

現在注目されている「SE構法」とは、木造集成材と特殊金物を用いた耐震に優れた建築構法のことです。
もともと、鉄骨造やRC造の住宅・建物において主流だったラーメン構造(剛構造)を、木造住宅に取り入れたのがSE構法です。
このSE構法は、鉄骨造になぞらえてを木骨構造と呼んでいます。
ラーメン構造は基本的に鉄やコンクリートといった強度の高い材質に適合した構造なので、木造建築に取り入れることは難しいはずでした。
しかし、現代の建築技術によりSE構法で木造建築(住宅)にも取り入れることができるようになり、注目を集めています。
日本は地震大国とも言われるように、小さいものを含めるとかなり頻繁に地震が発生しています。
また南海トラフ地震をはじめ、いつ起こっても不思議ではない大きな地震がいくつも予測されています。
近年でも、すでに家屋が倒壊するような大きな地震が各地で起こっています。
しかし、耐久性の優れた鉄骨造りの家だと木造の家に感じる独特のぬくもりなどは感じにくく、日本人が住みたいと思う家からはかけ離れたものとなります。
SE構法は住む人が木のぬくもりを感じられると共に、大きな地震に耐えられ高い安全性を確保できるような木造住宅を現実のものにしました。

SE構法の利点

SE構法の一番の利点が『構造強度の高い信頼性』です。
従来の木造軸組み構造の大きな弱点となっていた接合部を特殊金物で接合することで、木造住宅でも高い構造強度が実現しました。
また、柱と土台の緊結部分を特殊金物で接合することでより強度の高い木造住宅が実現します。
今まで鉄骨造の住宅はあまり自由度の高い間取りができないことが難点でした。
SE構法なら、鉄骨造の高い強度を持ちながら広いスパンをもつ大きな空間をとることができ、自由度の高い間取りを設計することができます。
そしてさらにもう一つ、大きな利点があります。
それは『保証会社の保険料が格安になる』ことです。
SE構法はかなり利点の多い建築構法と言えます。

どんな用途の建物にむいているの

SE構法は、自由な間取り設計ができることでも知られています。
ただ、これまでの木造の建物の場合、広々とした空間を持つ建物にすると強度が低くなる危険性がありました。
在来の木造建築では、梁成や柱間などから2間(4M)までのスパンが標準最大の寸法でそれを超える場合は無理があります。
しかし、SE構法を使えば建物の強度が高く保ちつつ、木造で大空間を実現することができます。
そのため、ダンススタジオやスクールなど大勢が集まるような用途の建築に向いています。
商業施設や店舗等です。もちろん一般住宅にも使用できます。
広々とした住宅から狭小住宅まで、幅広く対応することが可能です。
例えば土地が非常に狭く、三階建ての住宅を建てた場合には、その一階部分を壁無しの車庫にしても耐震性をきちんと確保できるので、
そのような場合はSE構法はおすすめです。
これまでそういった一階部分を車庫にすると、十分な壁量が確保できないので狭小住宅の場合は鉄骨造が多かったです。
耐震強度と、自由な間取りが必要な建物にSE構法は向いています。

SE構法の施工は

弊社は京都で明治42年に創業した歴史と実績のある工務店として、地元を中心に木の家注文住宅を建築しています。
そんな弊社はSE構法登録工務店となっております。
SE構法を使用する注文住宅においては「SE構法登録工務店」(技能講習を受けた技術者を擁して)の登録をした工務店しか建てることができません。
弊社は「京の木で家づくり」を合い言葉に、地元の林業家と共に、家のつくり手の顔が見える木の住まいづくりをおこなっています。
自然の中で育った地元産の木材を中心に使用し、温かみのある家作りをおこなっています。
そんな従来の木造住宅にSE構法を加えることで、より丈夫で強度の高い住宅を建てることができます。
SE構法を取り入れた住まいづくりでも、世代を超えて住み継げる家づくりをお手伝いをしていきたいと考えております。

O邸 屋根工事他

 

O邸工事も着々と工事が進んでいます。現在屋根の瓦葺工事が完了した状態です。屋根にはいぶし和瓦を使用、通りに面した軒廻りは一文字瓦で屋根を葺いています。外壁には、構造用にダイケンのダイライトを使用して壁の耐震構造を担保しています。外壁下地の赤シートは、新製品のラップタイトという製品でアメリカ製の透水防湿メンブレンシートです。設計図書に記入のこのシート材を初めて使用します。この上から化粧の杉板材を張ります。後外壁には漆喰を施します。漆喰と杉板化粧との2種類の仕上となります。内部では天井下地や壁下地が出来上がりつつあります。これから造作材(写真)を仕上加工した木製建具の枠材や窓額縁材等を取付けてゆきます。

 

外壁1

 

外壁ラップタイトシート
下屋瓦と水切地
内法材

夏休み親子木工教室開催のお知らせ

今年も夏休み親子木工教室を嵯峨鹿王院横の弊社倉庫で7月29日(土)10:00~(小雨の場合は開催します。)開催致します。参加の募集は今月末から開始致します。              またGOGO土曜塾7・8月号に掲載予定です。詳しくはこちらに告知致します。
こちらのイベントは定員に達したため申込み受付終了致しました。

2017年度ミラノサローネ報告会

6月29日(木)18:30~ 嵯峨 木のこゝろ 「風」(竹内工務店1F)にて照明デザイナーのNoi Planning Studio 西村氏と日根氏による2017年イタリア ミラノサローネ報告会を開催致します。今年の世界のデザインの動向と昨今、素材として注目されている木の使われ方などを中心に報告いたします。学生さんから様々な職種の一般の方が毎年ご参加下さいます。

参加費: お一人様 500円(ワンドリンクとおつまみを準備しております。)          会場: 京都市右京区嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町4-7 竹内工務店1階            (会場に駐車場がございませんので公共交通機関を御利用下さい。)             参加お申し込み、お問い合わせ先:嵯峨木のこゝろ「風」                                メール kinococoro_fuu@yahoo.co.jp  電話 075-861-4188

紅殻(ベニガラ・紅柄)

紅柄とは

紅殻とは「弁柄」とも呼ばれています。
元はインドのベンガル地方でとれる酸化鉄を含んだ赤茶けた土から採取されて作られた塗料から語源がつけられたともいわれています。
紅殻は昔から日本でも民家に多く使われています。
主に住宅の木部や壁や瓦(一部の地方)に、現在でも紅殻を使った民家等にその文化は残っています。
京都では、主に京町家で内外部の木部に紅殻に煤を混ぜて黒く着色したものを塗布しています。
ただ、現在は純粋な紅殻は少なくなり合成されたものが多く使用されています。

紅殻の色

紅殻は基本的に濃く赤みの強い茶褐色ですが、地域によって使われる色味が異なります。
一般的に北陸は赤味が強く、飛騨高山は黒味が強い、そして京都はその中間色となっています。
紅殻には等級があり、それぞれ色味・発色に違いがあります。
地方によって何を混ぜるかもさまざまで、混ぜるものによって色味が変わります。
水や油を混ぜるのが一般的ですが、あえて古い色合いを出すために柿渋を混ぜる場合もあります。
ちなみに、JIS(日本工業規格)の色彩規格では「暗い黄みの赤」と表記されています。

特徴、利点

紅殻は昔から日本の暮らしに根付く顔料で、主に家屋の木部に使用されてきました。
他にも多くの顔料があるのに、なぜ紅殻が使用されてきたのでしょうか。
木部の保護が目的で耐光性、耐候性、耐熱性にすぐれ、防虫、防腐に優れているからです。又紅殻塗装することで下地の材料(の節の等の良否)が見えなくなるため
材を選ばないといったこともあります。
こういった利点があるため、家屋の木部や壁などに昔から使用されてきました。
家屋の木部に塗れば、耐候性がますとともに太陽の光による色あせや劣化も抑えることができます。
又表面を保護しているので汚れにくくなります。
防虫、防腐の機能を持った顔料は他にもありますが、シックハウス症候群の原因になることが危惧されています。
しかし、紅殻は天然素材であることから人体に影響を与えにくいとされています。
だからこそ昨今では紅殻が改めて見直され、再び家屋(特に京町家のリノベーション)に使用されるようになってきています。
また、家屋以外にも繊維製品への染色などにも使用されるようになりました。

京町家と紅殻

今再び注目されている『京町家』。
歴史的建造物という点だけでなく、その伝統的な建築技法も注目されている理由の一つです。
冒頭でも少し述べましたように、京町家の木部には紅柄が使用されています。
それは表の出格子やその他木部に使われており、色味も目立つので紅殻は京町家の大きな特徴と言えます。
京町家の格子は機能としても優れています。
光を取り入れながらも外から中が見えにくい構造になっているため、主に表の接道部に用いられています。
普通の格子で塗装されていない材は腐りやすいのですが、紅殻を塗ることで長年きれいな状態のまま保つことができます。
(もちろん手入れも十分なされていますが)
このように京町家の格子には紅殻が使用されていることから『紅殻格子』とも呼ばれています。
京町家が当時のままきれいな状態を保っているのは、ある意味紅殻も一躍かっているかもしれません。
紅殻格子の付いている京町家を見れば、昔の人の知恵というのはとても素晴らしいものだと感じますね。