最新情報一覧

住まいと四季

日本には春夏秋冬の四季がある

日本には春夏秋冬と四季があり、それぞれの季節に特徴があります。
日本では昔から、それぞれの季節に合わせた暮らしをしてきました。
その中でも昔の人々が工夫し対応してきたのが暑い夏と寒い冬です。
昔の住まいは、現代のように性能の良い住宅ではなかったため、暮らしにさまざまな工夫をして暮らしてきました。

しかし、日本では春や秋が最も過ごし易く快適な季節であります。
この快適な季節を十分に楽しむ為に、日本の住まいは内と外の区別なく自然を取込むようなプランと工夫がなされています。

庭の樹木の緑や、採光や採風をとる為の大きな開口等、それらは現代の住まいにも受け継がれています。

季節の草花、木や、食べる物にも旬があり

旬と言えばやはり「食べ物」を連想します。
春には春の、夏には夏の食べ物があり、旬の食べ物をいただく、それを心待ちにしている方々が多いのも事実です。
祇園祭の夏には、鱧をいただく、又土用のうなぎは食べなくてはと、季節や祭事が食物や飾り物と深く関わっています。

草花樹木におても、それぞれの季節に花を咲かし、実をつける草花や樹木があります。
春は桜や、秋は紅葉等、それらを愛でるためにお弁当を持って行楽にも行きます。

住まいの中にも、季節の草花や木を飾って楽しむ事もします。
日本ならでは、四季の風情を感じられる機会は以外とあるものです。

日本には四季を愛でる文化

日本には春夏秋冬と四季があることから、四季を愛でる文化があります。
四季が織り成す風情を楽しむ日本人は、海外からも賞賛されるほど優雅に見えるのかも。

京都には伝統的な建造物である京町家があります。
京町家では、昔からそれぞれの季節を快適に過ごすための工夫がなされていました。
夏はより涼しく過ごすために、夏の建具に入れ替えたり、床には藤の敷物を敷いたりと積極的に涼をとっています。

四季を愛でるには、それぞれの季節を快適に過ごせる工夫が必要です。
その工夫を昔の人々は楽しみながら、それらの暮らし方を自然と身につけていったのでしょう。

日本の木の住まいと四季

日本では、従来住まいは主に木と土を使って作られてきました。
現在は鉄筋コンクリート造など多種多様な造りの住宅がありますが、木で作られた住まいは自然の温もりを感じられるものです。
日本の木の住まいは、平面の計画的にも構造的な成立ち(柱と梁の軸組工法)でも開放的であり、
内と外を遮断することなく、より多くの外の自然を取り込むことが特徴です。
そうした面でも日本の四季を感じる木の住まいは、昔も今も変わらず根強い人気があります。

木の住まいは常に呼吸をしています。そして肌触りも人に優しい素材です。
どんなに建築技術や設備が進化したとしても、木で作られた住まいに勝るものはないのではと思います。
「自然と共に住まう」それができるのが、日本の木の住まいなのです。

(現場ブログ)京都市下京区 京町家リノベーション

京都市下京区で施工中の京町家のリノベーション工事も大工工事が終わり残す工事もわずかとなりました。

新しく浴室を高断熱浴槽のユニットバスにしました。

以前は窓が建物内の土間の方にあり、日中でも暗かったのですが南の外壁に窓を移し明るい浴室にしました。
浴室壁は構造壁などを設置するため古い土壁を残し殆ど解体したため以前より少し広くすることもできました。


元々あった2階の床の間は床柱と床を新しくし窓を設けました。ここには障子が入ります。元々は東西にしか窓がなかったのですが新たに南側に窓を設置したので随分と明るくなりました。


少し前のブログで大工さんが加工してくださったニッチの棚も出来上がっています。たくさんお持ちのCDなどをしまえる棚になっています。


こちらはクロークと押入れを兼ねた収納です。造作の収納はご希望で色々な形にすることが出来ます。なるべく箪笥などの家具は少なくしたいとご希望されていたのもあり、たっぷり入る収納を各部屋の用途に応じ施工させていただきました。

工事もあと少しです。気を引き締めて現場を進めてまいります。

夏期休業のお知らせ

 平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 誠に勝手ながら下記期間を夏季休業とさせていただきます。
 
          記
 平成29年8月14日(月)から平成29年8月17日(木)
 
 ホームページからのお問い合わせ等は夏季休業中も受け付けておりますが、
 ご返答につきましては営業日内にて順次対応させていただきます。
 
 お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

(現場ブログ)嵯峨O邸ステンドグラス

ステンドグラスは建築に古くから取り入れられ木や漆喰などの自然素材ととても調和します。

光の具合によって、ガラスの色の表情が変わり、とても美しい素材です。                     

日常の中で、ふと立ち止まり、美しいものを見る時間を与えてくれる。。 そういう力があるように感じます。

O邸は古材などのお施主様からご支給いただいた材料をたくさん取り入れたお住まいです。

お気に入りのものを建築に取り入れると、住まいがもっと楽しくなります。

乳白色のガラス、透明ガラス、色のあるガラスの表情が楽しい。

木の枠、波模様のガラス、透きとおったグリーンのガラス、青い空に雲が浮かんだような水色のガラス、を使ったステンドグラス。

ステンドグラスのミラーはトイレに使用する予定です。

木製建具にも使用しています。ステンドグラスの表情が加わり素敵です。

竣工まであと少しです。建具が入ったあとどのようになるかもとても楽しみです。

 

 

 

住まいとDIY

住まいをDIYされる方が増えてきています

現在の住まいを綺麗にしたい、リフォームしたい、と考えている方は少なくありません。
しかし業者に依頼すると費用がかなりかかりますし、その費用を工面するだけでも大変です。
そんな方々の最近の流行が「DIY」です。
最近になって住まいをDIYする方が増えたと同時に、ホームセンターなどでも専用のコーナーが出来ています。
ただ、DIYと言うと「お父さんの日曜大工」とのイメージが強いのですが、ここでのDIYは少し意味が違います。
住まいと暮らしをより良いものにするために、自らの手で家族みんなで快適な空間を造ることを指しています。
インターネットなどでも通販で住まい造りに使うことのできる材料などが販売されているので、気軽にできるのも魅力です。

住まいのDIYでできること

自らの手で住まいの快適な空間を造るとは言っても、簡単なことばかりではありません。
簡単なDIYに慣れてはまりだすと、趣味として難しいことにもチャレンジしたくなるはずです。
ここでは住まいのDIYでできること「上級編」を幾つか紹介したいと思います。

壁塗り・外壁塗装・屋根塗装など

壁や外壁、屋根の塗装は基本的に業者に依頼するものですが、自分でできないものでもありません。
ホームセンターや塗料屋さんに行けば、住宅専用の塗料が販売されているので、それとローラーや刷毛を購入すれば自分でもできます。
自分好みの色に塗り替えるのは大変ですが、やってみるととても楽しいものです。
床のフローリングの塗装のメンテナンスとしてもワックスがけ等も以外と簡単です。
これらをやる事により現在のお住まいを長持さす事にもつながります。

クロス貼り

部屋のクロス貼りは全体を施すとなると大変ですが、部分的なものであれば比較的簡単にできるものです。
クロスで一番汚れているのが、手が届く位置かと思います。
その部分を好みのクロスで貼れば、以前とは印象の違う部屋になります。

DIYの利点は

DIYの大きな利点は「材料費だけで済む」ことですが、他にも色々な利点があります。
まずは「住まいへの愛着」です。
職人さんに依頼してリフォームしてもらうよりも、自分で綺麗にした家にはとても愛着が湧くものです。
自分だけのオリジナルが作れるので個性的な空間になります。
自分好みの部屋は間違いなく癒しの空間になるに違いありません。
そして「家族の絆が高まる」ことです。
家族みんなで一つのことに向かって取り組むことは、何より家族の絆を高めることになります。
家族みんなが力を合わせて創り上げた空間は家族のみなさんにとっても素晴らしいものになるでしょう。

住まいの手入れと寿命について

住まいは定期的にお手入れをしなければ、どんどん劣化が進みます。
大切な住まいを長持ちさせたいのであれば、きちんとお手入れをしなくてはなりません。
住宅は住み方で、その寿命が大きく異なります。
日本には木造住宅が多く、湿度の高い日本の気候では外部の木部等が劣化が進み傷みが進行します。
最初から室内や床下の湿気を防げるような工夫をして住宅を建てると良いのですが、そうでない場合は定期的に点検をして
手入れをすることで長持住宅になるでしょう。
お手入れの目安として以下を参考にして下さい。

  • 外壁塗装:10~15年毎
  • 屋根塗装:10年毎
  • 壁紙張替え:10年~15年毎