最新情報一覧

モデルフォレストについて

戦後高度成長期の樹木伐採により、森林破壊が問題となっていることは周知の事実です。
日本含めて世界では地球環境の保護のために、森林を取り戻すことが大きな課題となっています。
そんな環境保全の活動の一環としておこなわれているのが、『モデルフォレスト』です。
モデルフォレストとは持続的に共存を目指して、地域ぐるみでその森林を守りながら活用していこうという取り組みです。

日本のなかでは京都がモデルフォレスト運動を推進している地域です。
京都の森林を守るために、森林関係位の団体だけでなく企業や大学とも協力してモデルフォレスト運動をおこなっています。
平成17年には『豊かな緑を守る条例』が制定され、平成18年にはモデルフォレスト運動の推進主体となる『社団法人モデルフォレスト協会』が設立されました。

京都府は75%を森林が占めています。
これ以上森林を減らさないためにも、京都の森を守り育てる運動をおこなっているのが『社団法人モデルフォレスト』です。
森林を守り育てることにより、地球温暖化防止や生物多様性の保全に繋がります。
社団法人モデルフォレストは、個人や企業、ボランティア団体などと力を合わせて京都の森を守り育てる取り組みおこなっています。

又、京都の企業などからの寄付金『森林づくり基金』を設置し、京都府内の各地で森林づくりを推進しています。
具体的な森林活動の場をあらかじめ提示し、各企業が森林づくり活動をおこなったり、京の山で育った森林資源の活用として間伐材を内装に使用したりと、地元企業と
連携し活動しています。
京都の山で育った木材を使用することにより、地域活性化や地球温暖化防止に繋がることから、京都府では他にも京都府産木材認証制度『ウッドマイレージCO2認証制度』を設けています。

当社は京都で創業した工務店です。
創業以来、今日まで京都の皆様の家や建物の建築を担ってきました。
今も地域産木材(京の木)を使ってもらって地元の山を元気にしたいと思い、植林を始め親子木工教室、木育、住育の小学校への出前授業等、
一般の方への木づかいのPR等々いろんな取組みや活動をしています。
そして、京都の山や森を皆さんと一緒に守り育てていきたいと思っています。

(建築中)O邸 建て方、上棟

O邸の工事も基礎工事が完了して、上棟にむけて土台伏せをしています。土台は、桧の4寸角材です。桧材には防蟻・防腐効果があります。(ヒバ材も同様ですが、)関西では桧材が豊富にあるので桧材を使います。

土台下には基礎パッキンを敷き、床下の通気を確保しています。

あらかじめ工場で加工された材(柱、梁材等)が現場に搬入され積まれています。

そしていよいよ建て方開始です。レッカー車で梁を吊り、1階の柱と梁を組立ててゆきます。そして次に2階の柱、梁組そして小屋組(束たて、母屋)ここで棟木(水平材)をおさめ棟上げ(上棟)となります。

後、上棟式へと移ります。祭壇を設け上棟の祭礼をし、直会へと移ります。

今まで基礎工事や一部配管工事をしていた人たちが現場で仕事をしていましたが、これからは大工職人をはじめとする大勢の人達が、現場で仕事をしてゆきます。この棟上げの場が、初めて大工さんとお施主さんとが顔を会わせる機会となります。工事関係者一同、工事の安全を祈って、各自がこのお仕事を精一杯やらせていただくことを誓い、この建物が工期通りにいい建物に仕上がることをお祈りし無事上棟式を終了しました。

RCベタ 基礎完了

建て方1

建て方2

建て方完了

上棟式

 

 

 

 

千年家(古民家)について

千年家(せんねんや)は、日本独自の言葉であり、古い民家(古民家)を指しています。
千年も前から建っているような古さの建物(室町時代)という意味で「千年家」と名付けられています。
千年家で有名なのが、兵庫県神戸市にある『箱木家住宅』、同じく神戸市にある『内田家住宅』そして兵庫県姫路市にある『旧古井家住宅』です。
箱木家住宅は鎌倉時代から南北朝時代に建築されたと見られているとても古い古民家です。
日本最古とも言われている千年家であり、非常に貴重な建物となっています。
内田家住宅に関しては、千年家の中でも比較的新しい江戸時代中期頃の建築されたと見られています。
そして旧古井家住宅は、室町時代後期に建築されたと見られています。
箱木家住宅、内田家住宅、旧古井家住宅はどれも国の重要文化財に指定されており、見学することができるものもあります。

~箱木家住宅の特徴~

江戸時代には既に千年家と呼ばれていた日本で最も古い古民家です。
箱木家は、村の有力農家の家であり、茅葺きの一軒家です。
建物自体はとてもシンプルなものなのですが、人が暮らすための性能が高いため、快適に暮らしていたと言われています。
広さは約30坪。
茅葺き屋根の厚みは驚くことに40センチ以上もあります。
床板は全て蛤刃手斧で仕上げられているため、見た目はぼこぼこしているのですが、逆に足ざわりがとても良いものです。
昔は大鋸(おが)で製材をし、鉋がなかったので手をかけて手斧(ちょうな)で仕上げていました。
小さな窓があるが少ないことや、柱がむき出しになっていない大壁であることも特徴です。
建物構成は、「おもや」と「はなれ」そして「くら」から成っています。

~旧古井家住宅の特徴~

入母屋造り、茅葺き屋根の農家の家だったもので、建物内部に(玄関入口横手に)馬屋があります。
(昔の人は、農耕用の牛馬をいかに大切にしていたかがわかります)
建物の小屋組は、扠首(さす)とうだちの併用であることから、日本の伝統民家の原型であることが分かります。
建物の四方はほぼ土壁で塗り込められており、窓が少ないのが特徴です。
こちらも箱木家住宅同様、床板が蛤刃手斧で仕上げられています。
堅くて腐りにくいといわれている栗材を用いた柱は合計21本使用されています。
家の中に入ると地面が露出したままになっていることから、竪穴式住居の流れを汲んでいるようです。

~内田家住宅の特徴~

建物の規模が大きく、当時の豪邸を伺わせる千年家が内田家住宅です。
柱も面取りが多く、立派な大黒柱があります。
外回りで使用されているのはやはり栗材であり、2階には養蚕に使用できるようになっています。

千年家は歴史と風格を感じることのできる古民家であり、当時の人々の生活を垣間見ることができます。
時を経てなおも気丈に佇んでいる古民家は非常に貴重なものです。
千年家、つまり古民家はかつての日本の住宅の原型でありこれらを知ることが、その良さを現代建築に活かすことができます。
まさに「温故知新」ですね。

宮川町の隠れ家 完成

 

昨年施工していた宮川町の隠れ家が完成しました。(昨年の暮れですが)

新築町家で小さなお住まいですが、上質な空間とともに素材を選び丁寧に作られています。

1階のDKは、杉の一枚ものの無垢板をL型に取付けて大勢のお客様のご対応を想定しての一部屋として計画されています。

キッチンも大工造作の造り付けキッチンです。杉の一枚板を加工した扉が

木目がとおり秀逸です。

2階はロフトを含む寝室となっています。

特別なときのロフトの空間があるのも何かと便利です。

 

1階L型カウンター

 

 

キッチン収納

2階ごろんぼ(太鼓梁)とロフト

 

 

紫野の京町家リノベーション 完成

紫野の京町家リノベーション 完成

昨年施工していた紫野の京町家のリノベーション工事が完成しました。(昨年の暮れですが)

リノベション前の建物は、京町家で時おり別荘代わりにお使いになられて いた建物です。弊社が新築工事をしていたお隣にこの建物があり、そのご縁で知り合い雑工事等の仕事の依頼を受けているうちに、思い出のあるこの京町家を残したいというご相談も受けて新しいオーナーさんを見つけてご紹介をさせていただきバトンタッチをしました。

この建物は、中央に勾配の急な階段がありましたが、勾配を緩くするとともに階段の位置をLDKからの寄りつきで2Fにあがれるように変更をしています。

又和室がベースの建物ですが、良い素材が残っていて、竹の網代を使った古い建具や丸窓や障子等の風情があるものが残っており、これらを活かして再利用して水回りのキッチンや浴室、洗面トイレは新しく作り、和室や2F洋間(大正ロマン)等は最低限の改装をしました。

この建物は、元住まい手の想いと新しい住まいての想いをつないでよみがえりました。

1F  和室

2F 和室

1F  LDK

1F LDK階段

2F書斎

ブログ1

浴 室

竹網代の建具再生