最新情報一覧

北山杉、台杉について

「京都府の木ー北山杉」は、京都市内からさほど離れていない北山のおもに中川地区でつくられています。
北山は急峻な山が多く、そこで植林や育林をするのは中々難しいものでした。
そこで生み出された独特な育林方法が『台杉仕立て』です。
台杉仕立てとは、一つの株から数十本もの木幹を育てる独特な育林方法です。
一つの株からそれだけ多くの幹を育てると、それが一つの森のように育つのが特徴です。
この台杉仕立てをおこなうことにより、ち密な材木を作り上げることができるようになりました。
ただ、どのような杉でも台杉仕立てができるわけではなかったため、苦戦が強いられました。
しかし、その救世主となった母樹がありました。
それが中川八幡宮にそびえ立つ樹齢500年を超えるご神木の「シロスギ」です。
この北山杉の母樹のシロスギは、今なお500年以上経っても青々と葉を茂らせています。
この真っ直ぐに伸びた大径の生命力溢れるこの母樹から、挿し木をして増やした子孫たちが、
現在の北山杉や台杉を作っているのです。

北山丸太を作り始めたのは室町時代だと言われています。
北山杉は真円でまっすぐであり、年輪がち密で材質が硬いのが大きな特徴です。
また、枝の節がなく、白色で光沢があるという特徴を持っています。
これらの特徴をいかして成長した北山杉の皮を剥いて加工して作られる北山丸太は、茶室や数寄屋の建築に用いられてきました。
数寄屋建築は、現在も日本の木造住宅の元となっている和の住まいの原型でもあります。
日本を代表する歴史的建物の「桂離宮」「修学院離宮」「島原角屋」にも北山丸太が使われています。

現在、北山丸太と呼ばれるものの中には磨き丸太(北山磨き丸太)があります。
北山磨き丸太は、数寄屋建築に欠かすことのできないものです。
京都らしい和風建築はもちろんのこと、洋風な現代建築にも調和する北山磨き丸太を使用して家を建てれば、優雅で美しい自然の雄大さを感じることができるでしょう。

現在、北山丸太と呼ばれるものの中には磨き丸太(北山磨き丸太)があります。
北山磨き丸太は、数寄屋建築に欠かすことのできない素材です。
一般的な丸太に比べ、北山丸太は見た目も美しいですが、曲げ強度も強いという性質を持っています。
北山丸太には「北山天然出絞丸太」「北山ちりめん絞丸太」「北山タルキ」などさまざまな種類がありますが、その中でも基本製品となっているのが『北山磨き丸太』です。
和風・洋風を問わず住まいの中に北山磨き丸太を使用すれば、見た目の優美さだけではなく自然の息吹をも感じることができるでしょう。
建物の素材としてだけでなく、その美しさからインテリア素材としても注目され始めています。
建物だけでなくアイデアを活かしてその他いろいろな物にも使ってほしいですね。

(お知らせ)平成29年度京都市すまいの補助制度の受付が開始されました

平成29年度の京都市すまいの補助制度の受付が開始されました。

 写真は昨年度の耐震に関する補助の実績と今年度の予算です。
 
 
 京都市にあるお住まいで耐震、省エネ、創エネ、空家活用、地域産材の利用、ペレットストーブ設置工事などの補助金制度がそれぞれの条件を満たすと対象になります。詳しくは京都市の情報館HPをご覧下さい。
 

聚楽壁ついて

聚楽壁(じゅらくかべ)とは土壁の一種で、安土桃山時代に豊臣秀吉が京都に建てた聚楽第付近で採れた良質の土(聚楽土)を使った伝統的な和の仕上げの壁です。
聚楽土は最高級の天然土と呼ばれるほど稀少で、その細かな土を用いた聚楽壁はとても繊細で美しい仕上がりとなります。
その美しさから昔は、一般的に家の内壁に使用されておりましたが、近年材料の確保が難しく又下地処理等手間がかかるために使われる機会が減っています。
又、関東では良質の土が得られないため、特別な建物を除いて使われていません。
近年では京都迎賓館の建設工事の際に聚楽土が見つかったこともあり、京都迎賓館「琵琶の間」の壁にも使用されています。
しかし、やはり聚楽土自体はとても希少なものです。
そのため聚楽壁風に作り上げた壁も含めて「聚楽壁」と呼んでおり、現在においては残念ながら一般的に聚楽壁として塗られている壁はほとんどが本聚落ではありません。

また、聚楽壁は「京壁」と呼ばれる壁塗りの技法で仕上げられます。
日本伝統の工法で、その名の通り京都を中心に発展したものです。
京壁には聚楽土の他に九条土、稲荷土といった色土を用いられることもあります。
特徴としてはなめらかで美しく、湿度調整機能が高い壁となっています。
四季がある日本の気候のなかでも、特に盆地である湿度の高い京都の家には適した壁といえるでしょう。
その壁は50年、100年と年月を重ねることでより深みと味わいが出てくるとも言われています。
聚楽壁は京町家の壁や和室の壁に馴染みます。
土壁特有のはんなりとした風合を好むという嗜好が、京文化として聚落壁を残し続けているのではないでしょうか。

そのように古いものを大切にし、次世代につないでいく文化が京都にはあります。
京都の人は1200年以上の歴史の中で芸術や技術など、独自の文化を引き継ぎきずきあげてきました。
建築分野であれば「京町家」もその一つです。
現在も一部京都の町並みとして京町家群が残っているところもありますし、そこで町家をリノベーションして人達も多く、中には外国の方も増えてきています。
良いものはそのままに、時代にそぐわないところは新しいものに取りかえる。
そうして古いものの良さを活かしながら、京都の町並みと人々の暮らしは変化しています。

当社、竹内工務店では聚楽壁を用いた和室や、古いものをいかした京町家のリノベーションを始め、
木の家の注文住宅も請けたまわっています。
和洋問わずモダンなお住まいのご提案も可能です。
私たちは素材の持っているものをいかしきる日本の職人の知恵と技術は、無くしてはならないと思っています。
その精神を、住まいづくりを通してみなさまにお伝えしてゆきます。

(社長のブログ)かつみ ゆきお「木の仕事」作品展

 かつみ ゆきお「木の仕事」作品展

 かつみ ゆきおさんという工芸家の作品展が、嵯峨清滝町のギャラリーテラで開催という案内をいただき、かつみさんが作品展開催中はおいでになるということで行ってきました。
会社から車でも10分足らずの所に嵯峨・清滝(愛宕さんの登り口)というところがあり、そこに清滝川沿いの街道筋にギャラリーテラさんがあります。
10数年前に大型町家のリノベーション工事「板橋の町家・ほっこり」(小規模多機能介護施設)をやらせていただいた時に、オープン前にずっしりとしたウォールナットの座卓と椅子をかつみさんが制作し納められたご縁で知り合いました。
以来何度かお目にかかることがありましたが、今回は近くでお会いできるとあって飛んでゆきました。現在78歳になられますが、仕事にかける情熱というか、木に対する愛情両方でしょうか、使いきれるかというような量の山と積まれた材を形にかえ、日夜創作に励まれています。
かつみさんは静岡に工房を持たれて、ここにどっさりと山盛りの材が山積みされています。
私も写真でしか見たことが無いのですが、一度機会を見つけて是非ともいってみたいと思っています。

かつみ ゆきおさんの「木の仕事」展は、4月1日(土)〜4月9日(日)という短期間ではありますが、ギャラリーテラさんで開催されています。
詳しくはこちらをご覧ください。

  ギャラリーテラ
     ギャラリーテラさん         

 作品ポスター

     作品展ポスター

 展示1
  
     展示風景1              

 展示2

     展示風景2

 

 ほっこりさん

    板橋の町家・ほっこりさん        

  

    かつみさん制作の座卓

完成木の家見学会(お申し込み制)

昨年に完成しましたお住まいの拝見会を開催しております。
HPのお問合わせからご希望日(住まいて様のご都合でご希望に添えない日もございます。数日候補日を頂戴できましたら幸いです。)
お名前、人数、ご住所、折り返し連絡が出来るメールアドレス、FAX番号等をご記入下さい。
紅梅町の家2

紅梅町の家

紅梅町の家