最新情報一覧

年末・年始 京都ペレット販売のお知らせ

京都ペレット年末・年始の販売のご案内です。
予約ご注文のお客様を優先とさせていただきますので在庫に限りがございます。あらかじめご予約をお願い致します。

年末の予約・販売
年末最終予約受付12月22日(金)17:00まで。販売日は12月26日(火)の13:00~とさせていただきます。
年末の販売は12月27日(水) 17:00までになります。

年始の販売・予約
年始の販売開始は1月9日(火)13:00~とさせていただきます。
年始のご予約は1月5日(水)の15:00までとさせていただきます。

ご予約、お問い合わせ 電話:075-882-7878 メール:mail@takeuchi-kyoto.jp
ご注文はFAXでも受け付けております。 FAX:075-861-4188

 

第10回 あかり作品展

今年一番の冷え込みとなりましたね。弊社のある京都嵯峨嵐山も雪がちらほら降ってきております。

年末恒例のあかり作品展が1階の風ショールームで明日12月15日(金)~12月17日(日)の13:00~18:00(最終日17:00までです)で開催致します。
プロから学生さんの作品までとても見ごたえのある作品がたくさんあります。また作家さんが作られた小物などもチャリティー販売されています。

お住まいの照明の演出などでご検討中の皆様、ご参考になるものがたくさんあります。ぜひぜひお時間ございましたらお立ち寄り下さい。

作品

チャリティー

準備中2

植林と枝打ちについて

現在の山の現状は

京都は、山を多く持つ林産地です。
京都は西山、北山、東山と三方が山に囲まれた盆地です。
京都の森林率は74%と非常に高く、地形の約1/3が山の林産地となっています。

京の山には杉や桧、赤松などさまざま樹種があります。
ただ、多くが人工林として植林され、建築用材として用いられています。

建築用材として用いられるまでには40年~50年の年月が必要です。
50年以上経過している適齢木(樹齢50~60年)も多く、使われないまま放置されているのが現状です。

伐採と植林について

木を伐採するのは良くないと言われることが多いのですが、それは大きな間違いです。
適齢木を伐採しなければ、二酸化炭素の吸収の低下、保水力の減衰などその結果山や川が荒れて地球環境に悪影響を及ぼします。
適齢木を伐採すること、そして新たに植林をするという循環が行なわれることが、山の本来の正常な状態なのです。

現在京の山に植林されている適齢木を伐採し、新たに植林をしなければ、数十年後には建築用材の木が枯渇してしまいます。
京都では地元で育った樹木を建築用材や間伐材もペレットに使用して使う取り組みをおこなっています。
その取り組みが、京都の山と自然を守ることになります。

植林や枝打ちの意味について

植林とは山に樹木の苗木を植えて林に仕立てることを言います。
枝打ちは樹木の枝を幹から切り落とすことで、保育作業の一つです。
植林や枝打ちをおこなうことで、人々の暮らしを豊かにしています。

若い木は二酸化炭素の吸収量が多いので、山を元気にするとともに、人々の暮らしを豊かにするのです。
二酸化炭素が地球温暖化に及ぼす影響が大きいことは周知だと思います。
若い樹木が二酸化炭素を吸収してくれることで、地球温暖化防止に役立ち、災害をも防いでくれるのです。

山の整備は伐採と植林の循環が必要、我々ができる事は木を使う事

山を健康に保つため、山の整備は欠かすことができません。
山の整備として必要なのは木の伐採と植林の循環です。
50年以上経つ適齢木を伐採し、新たに植林をする、この循環が最も大切です。
ただ単に木を伐採するのではなく、それを本来の目的である建築等の用材として使うことが大切です。
我々ができる事は植林や伐採だけでなく、伐採した木を使うことなのです。

現在、日本で用いられている建築用材の多くが輸入木材です。
こんなにも日本に木々があるにも関わらずわざわざ輸入して使っているのはコストの問題や木材自体の素材の乾燥等が容易であるからです。

反面、日本の気候風土においては、蟻害等の腐食や耐候性については、やはり国産材の方が断然優れています。
国産材、輸入材それぞれ利点など一長一短ありますが、やはり地元の山のあり方や今後の山の状況を考えると
地元の材を使いたいものです。

京都では官民一丸となって地域産材を使うよう取り組んでいます。
これらの意識を持ち少しでも地域産材を使う機会を増やしたいですね。

木の家の無垢材の使われ方

構造材は桧、杉、松材で

木の家を建てるために絶対的に必要となるのが木材です。
その中でも建物を支える骨組みとなるものを「構造材」と言います。
構造材に使われる木材の種類は「桧材」「杉材」「松材」が一般的です。

家づくりに適しているのはやはり桧や杉、松といった日本の木が一番です。
桧は主に土台・通り柱・柱に使われ、杉は主に柱・間柱・梁に使われます。

そして松は梁に適している木材です。
日本産の桧を柱に使うとどうしてもコストがかかってしまうことから、最近では杉が柱として使われています。
確かに桧の方が強度が高いですが、一般住宅なら杉でも特に問題はありません。
人工林として植林された杉や桧は一般的にどの地域でも手に入り安い材料です。

造作材 木製建具及び枠材・窓枠材は無垢材で(既製品はほとんどシート張り)内装材の床材や天井板材も

造作材は、窓枠や建具といった木製枠材や床材・天井・階段・棚・敷居などに用いられる木材です。
建物内部の仕上げ材として建築に欠かすことのできないものであり、化粧材とも呼ばれています。
そんな造作材には主に「無垢材」が使われています。

無垢材とは1本の木から角材や板を寸法通りに切り出したものであり、合板や集成材とは違います。
質感、風合いともに人気の高いものですが、最近では建具や枠材、窓枠など既製品として販売されているものはほとんどがシート張りになっています。
コストを抑えるためにシート張りにして販売されているのですが、質感を重視するのであれば、やはり無垢がおすすめです。

無垢の木の材の使い方等 カウンタ―やニッチの棚板、地板、飾り棚等

建物において「無垢」と聞くと「床」を連想する方が多いと思います。
床材として使われている無垢材の厚みは主に9mm、12mm、15mmが一般的ですが、できれば一番厚みのある15mmがおすすめです。

無垢の床は年月が経って表面が汚れてしまっても、削ることができます。
最初に厚みのあるものを使用すれば、長く使うことができるのです。
無垢の木材は他にも、カウンターやニッチの棚板、地板、飾り棚などにも使われています。
作りつけのカウンターテーブルは無垢材で作り上げるととても美しい仕上がりになります。

他のものに関しても無垢材で作られたものとそうでないものを比較するとその差は歴然です。
特に長年にわたって使われると味のある材へと経年変化をし、それらを楽しむ事もできます。

厚みのある無垢材は経年変化を楽しめる

厚みのある無垢材は歳月を経て変化する色や艶など、経年変化を楽しむことができるのが厚みのある無垢材の醍醐味です。
無垢は時とともに木肌の色合いや風合が深まるものです。
それが「経年美化」と表現されるように、新築時よりもある程度年月が経った時の方が美しい色合いになります。
そういった経年変化を楽しめることが無垢の最大の魅力ではないかと思います。

また、長く使い続けることができるという事は、結果的に地球環境にやさしいとい事にもなります。
無垢材には他にも「木のあたたかみを感じられる」「調湿作用がある」「独特の木の香りによるリラックス効果」などさまざまなメリットがあります。

これらが木の家の特性であり、特徴であり、住まい手に優しい家と言われるわけです。

一文字瓦と鍾馗さん

京町家の屋根と言えば、(連担する)和瓦の軒先には一文字瓦そして鍾馗さんが

京町家の平入屋根は、単体の建物の屋根の形ではなく隣の建物等と連担して平入の形状が同じの屋根の形につながっているという特徴があります。
そしてそれらが一文字瓦で葺かれて軒先のラインが揃えられており、その瓦の上に鍾馗さんと呼ばれる瓦人形が鎮座しています。
屋根の軒先のラインがまっすぐに一文字に揃うその様から「一文字瓦」と呼ばれています。
それらは大変美しい軒先のラインを形づくっていますが、合端といわれる一文字瓦の鼻先を加工して隙間なく揃えるというのが瓦屋さんの腕の見せ所でもあります。

外側から京町家を見上げると、鍾馗さんが居るので、初めて目にする方は驚かれることもあるそうです。
鍾馗さんは基本的には入口の小屋根の上に置かれていることが多いものです。
この一文字瓦と鍾馗さんは京町家の大きな特徴と言っても良いでしょう。

一文字瓦の特徴

一文字瓦は軒先がすっきり見える、引き締まるというのが特徴です。
京町家の特徴として一文字瓦を挙げることができますが。
ただ京町家だけでなく、既に建っている一般家庭にも、そして新築する和風の一軒家にも一文字瓦が使われていることが多々あります。

一文字瓦の厚みは昔は家の裕福さを表していました。
主に商家などでは垂れの長い一文字瓦がよく使われていました。
一文字瓦は主に軒先に使うものとなっています。

ちなみに一般的な軒先瓦は「万十軒瓦(唐草)」です。
丸い飾りのようなものが付いており、その丸部分で合わせ目を隠すようになっています。
コスト的には職人の技が必要になるため、一文字瓦の方が少々高くなります。

鍾馗さんのいわれ

鍾馗さん(しょうきさん)は、受験の神様・疫病除けの神様と言われている瓦人形です。
京町家の小さな守り神として昔から京の人々を守ってきました。

実は鍾馗さんは中国のある話がモデルになっていると言われています。
中国唐の時代に玄宗皇帝がマラリアにかかった時、鍾馗さんが枕元に立って鬼退治をしたとの言い伝えがあります。
病から生還した玄宗皇帝は、夢に出てきた鍾馗さんの姿を絵にし、邪鬼を払う神として広めたのが始まりだと言われています。
最初は絵だった鍾馗さんは次第に瓦人形となり、人々を邪鬼から守っているのでしょう。

一文字瓦と京町家

一文字瓦は断面がすっぱりと綺麗に切断されており、その下端が真っ直ぐ一文字に揃えられていることが大きな特徴です。
これはまさに職人の技と言えるものなのです。
一文字瓦にするために、一分のくるいも許されません。
少しでもずれてしまうと、一文字に見えないので、京都の職人の腕の見せ所と言えるのではないでしょうか。

京町家の軒先を一文字瓦にそろえることで、その街並みが引き締まるものです。
京町家が残されている地域を見ると、やはりどの軒先も綺麗な一文字瓦葺で葺かれています。
特に玄関廻り等は一文字で葺かれており、見えない所裏側等は万十瓦の軒になっています。
京都人の始末どころでもあり他への心配りの礼儀でもあるのでしょう。

一文字瓦は近隣に配慮して町並みを整える意味でもよそいきの顔、京町家とその住まい手の心くばりがあらわれた京町家(の精神)そのものだと言えるでしょう。
それらの色と流れが統一された瓦屋根が京都の町並を形作っていて、見た目に心地よい風景となっています。