最新情報一覧

「京都市北区K邸新築工事」~完成見学会と竣工の様子~

昨年の9月頃より工事を行ってきました「京都市北区K邸新築工事」ですが、
先月末に無事竣工し、お引渡しをさせていただきました。
K様この度は誠におめでとうございます。

K邸ではお引渡しの前に、お施主さまのご厚意で完成見学会を開催させていただきました。
シンプルモダンな美しさの中に、使いやすい動線、収納計画、お施主さまの暮らしに寄り添ったオリジナルな空間がとても素敵なお住まいになっています。
今回は見学会の様子と、K邸の竣工の様子をご紹介させていただきます。

完成見学会には新築で注文住宅をご検討のお客様をはじめ、設計関係の方、設計の勉強をされている学生さんなど、様々な視点で、K邸にご興味をもっていただき、ご来場いただきました。

京都市内ではよく見られる、3方を建物に囲まれた狭小間口の敷地に建つお住まいですが、そういった条件の中で、どのようにゆったりとした空間を創り出しているのか。吹き抜けと天窓のあるリビングを中心に、2階の個室部分も大きくつながった空間の使い方など、実際のお住まいをご覧いただき、ご体感いただいました。

リビングですが、吹き抜けを通じて、2階廊下、各個室とが、ゆったりと繋がりのある空間になっています。写真右上の木の部分ですが、2階の廊下兼、1階のリビングの天井の一部になっており、梁、根太ともに、無垢杉材を使用しています。
シンプルモダンな美しい設計と、吟味された素材の組み合わせ方、シンプルな中にも職人さんの手仕事が見える造作部分など、特に関心をもっていただきました。

リビング東西面には、建物に囲まれており、採光のための窓をがほとんどありません。
ですが、吹き抜けには天窓があり、柔らかな自然光が入ってきます。

2階廊下の造作家具は本棚兼、ベンチになっています。
K邸の造作家具はシナ合板と米栂を中心に使用し、一部無垢木材を取り入れています。

本棚のベンチ部分背もたれはクルミの無垢材です。

キッチンカウンターの天板にはタモ無垢材の一枚板を使用しています。
棚部分には、オーブンレンジのスペース、炊飯器の下にはスライドレール、棚は可動棚になっているので、収納するものに合わせて棚の高さを変えることができます。

キッチンは住まい手さまの使い勝手に合わせて、設計がされたオリジナルの造作キッチンです。
L型のキッチンと、カウンターの間の有効通路幅など、実際家づくりのプランに入る前に、どの程度スペースが必要なのか、参考にしていただくこともあります。

流しの下はダストボックスが置けるように、底板はなしで床とフラットになっています。
造作キッチンは、引出しの数、大きさ、扉の位置など、きめ細かな要望を取り入れられます。
また、他の造作家具と同じ素材を使い、統一感のある空間にすることができます。

2階各個室はラワンベニヤを現しで使った勾配天井になっています。
収納にはあえて扉は設けず、ワイヤーにカーテンが設置できるようになっています。扉がない分、空間が広く感じられます。

こちらは子供室です。
大きな机は造作家具です。
障子を開けると、吹き抜けのあるリビングと繋がっています。

玄関を開けるとホールと階段があります。
玄関框は無垢タモ材、階段板は無垢米栂です。

限られた空間を有効に使う工夫として、階段下には収納スペースが作られています。

洗面脱衣室にはガス乾燥機が設置されています。
電気の乾燥機に比べ、乾燥時間が短いのが特徴です。
毎日の洗濯物干し時間の短縮になりそうです。

設計はA.C.E.波多野一級建築士事務所さんです。

以前の現場ブログはこちらをご覧ください。
「京都市北区K邸新築工事」~造作家具工事~
京都市北区K邸新築工事「外壁の内張工法と屋根工事」
「京都市北区K邸新築工事」~様々な加工の構造材~
「京都市北区K邸新築工事」~様々な加工の構造材~
京都市北区K邸新築工事「基礎工事」
京都市北区K邸新築工事「地鎮祭を行いました」

今回のブログに関連した記事はこちらをご覧ください
住まいと収納2

お問い合わせ