最新情報一覧

伝建地区(伝統建築物保存群)

伝建地区(伝統的建築物保存群)とは何か

伝建地区(伝統的建築物保存群)とは、日本の文化財保護法に規定する文化財種別のひとつです。
昭和50年に発足した制度で、元の宿場町や城下町、門前町といった全国各地に残っている歴史的な町並みや集落の保存を推進しています。
各市町村で、伝建地区を決定した後、保存条例に基づいて保存計画を定めます。

各市町村からも申し出を国が受け、日本にとって価値が高いと判断されたものを「重要伝統的建造物郡保存地区」に認定する仕組みになっています。
日本の伝統的建造物を市町村、そして国が一丸となって大切に保存して行こうという取り組みです。

日本全国に(関西では)

伝建地区は日本全国にたくさんあります。
国に認定された「重要伝統的建造物郡保存地区」は97市町村で117地区にも及んでいます。
現在約28,000件の伝統的建造物が保護されています。

関西地方にはたくさんの重要伝統的建造物郡保存地区があります。
京都を中心に、大阪、兵庫、奈良、和歌山、滋賀など歴史的建造物の宝庫とも言われている地区が認定されています。
各地域とも、ニュータウンや新しい街並みが広がっている一方で、時間が止まってしまったかのような昔ながらの街並みが関西地方にはたくさん残されています。

心が落ち着き和む、そんな街並みが本来の日本の原風景なのではないでしょうか。

京都の中の伝建地区は、伝建地区の建物の特徴は

京都府で現在「伝建地区」に認定されており、国の「重要伝統的建造物郡保存地区」に認定されているのが7地区です。
日本全国で重要伝統的建造物郡保存地区に認定されているのは73地区。
その中で7地区が京都にあります。

それぞれ地区の町並形成をなす地域性とその文化が根底にあります。

  1. 京都市東山区門前町:産寧坂重要伝統的建造物郡保存地区
  2. 京都市東山区茶屋町:祇園新橋重要伝統的建造物郡保存地区
  3. 京都市右京区門前町:嵯峨鳥居本重要伝統的建造物郡保存地区
  4. 京都市北区社家町:上加茂重要伝統的建造物郡保存地区
  5. 南丹市山村集落:美山町北重要伝統的建造物郡保存地区
  6. 京都府与謝郡港町:伊根浦重要伝統的建造物郡保存地区
  7. 京都府与謝郡:加悦重要伝統的建造物郡保存地区

これら伝建地区の建物の特徴は、古都京都らしい歴史と文化に根付いた建物群であることです。

瓦屋根であることはもちろんのこと、伝統的な様式の建物であること、
古い町並が(新しい様式に模様替えされていない)そのままの形で残されているのが特徴です。

この町並を残したい

古都京都との言葉があるように、京都には数多くの歴史的建造物や街並みが残されています。
京都全域が古都でのままではありません。
現代化された街並みになっている地域の方が多いのも事実です。

ただ、他の都道府県と比べると、歴史的な街並みがまだ多く残されています。
そんな素晴らしい街並みを後世にまで残し伝えて行くのが、現代を生きている私達の役目ではないかと思います。
京都だけでなく、伝建地区となっている地域の街並みは、市町村がそしてそこに住まう住民が一丸となって守って行くべき宝です。

新しく古い街並みを作り上げるのではなく、残された伝統ある町並みをいかに守って行くかが大切です。

里山交流会(植林体験会)を開催致します。

今年で11回目になります里山交流会(植林)を平成30年4月7日(土)に京都市右京区京北の山林で開催致します。
植林を体験してみたい方、また京都の山の状況や林業について御興味あるかたぜひぜひご参加をお待ちしております。(雨の場合は別メニューで開催致します。)
幼稚園、小学生、中学生の方も保護者同伴でご参加いただけます。

場所 :京北銘木生産協同組合及び京北細野山林
参加費:中学生以下500円  高校生以上1000円 (参加費には材料代、保険代が含まれます。)


昨年の植林の様子です。


北山杉丸太の苗を植えました。


鹿肉、猪肉の試食と共に川の幸もいただきました。

申込みはこちらに必要事項をご記入いただいてFAXまたはメールでご返信下さい。
又は直接メール fuu_kinococoro@yahoo.co.jp 、FAX 075-861-4188 に参加者代表者様お名前 参加人数、現地地図等が必要な場合地図を送る事ができるFAX番号やメールアドレス、当日繋がる連絡先、御住所をご記入の上お申し込み下さい。

お問い合わせ先電話075-881-6868

嵯峨木のこゝろ『風』HPでも詳細UPしております。

住まいの屋根と瓦

瓦の歴史、由来

瓦の名前の由来は色々な説があります。
「中国の象形文字から来ている」「サンスクリットのカハラが転化した」「亀の甲」などです。
現在でも瓦の名前の由来は明らかになっていないというのが本当のところです。

そんな日本においての瓦の歴史は飛鳥時代まで遡ります。
飛鳥の法興寺の屋根に瓦が葺かれたことが文献に残されています。
これが中国のものであることから瓦は中国が発祥ではないかと言われています。

現存している日本最古の瓦も飛鳥時代のもので、元興寺に葺かれています。
飛鳥時代には寺院だけに瓦が用いられていました。

瓦の種類、産地

日本において現在瓦の主な産地となっているのが「愛知県」「島根県石見地方」「兵庫県淡路島」です。
愛知県は「三州瓦」、島根県石見地方は「石州瓦」、兵庫県淡路島は「淡路瓦」と名前がついています。
ほかの地域でも生産されていますが、この3つは「日本三大瓦」と言われています。

そんな瓦には幾つか種類があります。

  1. 陶器瓦
    粘土でかたどり、うわ薬をかけてから高温で焼き上げたもの

  2. いぶし瓦
    粘土でかたどり、焼いてから蒸し焼きにした後に表面を塗装して仕上げたもの

  3. スレート瓦
    スレート瓦には天然のものもあります。
    人工のものは、セメントと繊維性のものを原料にして表面を塗装して仕上げられています。

  4. セメント瓦
    その名のとおり、セメントと砂を原料としています。
    表面を塗装して完成させたものです。

  5. その他
    金属を原料としたものや、木の皮や石など天然のものを原料としたものがあります。

瓦の特徴

日本で造られている瓦は「日本瓦」と呼ばれています。
日本瓦は、日本の気候に合ったものとなっています。
その特徴は主に3つです。

  1. 強度に優れている
    日本瓦は高温で焼かれて造りあげられているため強度に優れています。
    多少の衝撃で破損することはありません。

  2. 耐久性に優れている
    日本瓦の耐久年数は一般的に100年以上だと言われています。
    日本は台風や地震など自然災害の多い国です。
    そういった事がなければ悠に100年以上の耐久性があるものです。

  3. メンテナンスが不必要
    葺いてから何年も経ったときには締めなおしてもらう必要はあるかもしれません。
    しかし基本的に日本瓦は再塗装などのメンテナンスはほとんど必要ありません。
    瓦は、特に優れた素材の屋根材であり、日本の原風景になくてはならないでもあります。

瓦ミュージアム(近江八幡瓦ミュージアム)

滋賀県近江八幡市にある「近江八幡かわらミュージアム」は、10棟の建物全体が展示物とも言える瓦尽くしの建物になっています。
主に「八幡瓦」が展示してあります。

八幡瓦の歴史は1585年にまで遡ります。
1585年に築城した八幡山城に瓦を葺いたことが始まりだったと伝えられていますが、本当のところは明確にはなっていません。
滋賀県近江八幡市も瓦の生産地であり、その技術と知恵を後世に伝えるため、そして町造りの拠点として生かして行くためにこのミュージアムを建設しました。

歴史ある八幡瓦を十分知ることができるミュージアムとなっているので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

民家と京町家

民家の由来

「民家」は一般的に庶民が暮らす住まいの事を指しています。
昔は貴族や上層武士などさまざまな階級がありました。
それに対して一般庶民の住まいを「民家」と呼ぶようになりました。
江戸時代の「町家」や「農家」を民家を呼ぶようになったのが始まりだと言われています。

現在は階級ではなく、一戸建ての小規模な住宅を指して民家と呼ぶことがあります。
昔と違い、現代において「民家」は人が暮らす家を指す言葉として使われているといって良いでしょう。

民家の種類(町家、農家、)

先に述べたように以前は「民家」は、「農家」と「町家」を指している言葉でした。
江戸時代までの農家と町家、そして明治以降の農家と町家を含め「民家」と呼ばれていました。
そういった昔ながらの民家は、現在実は日本にもう2棟しか残っていません。

「千年家」と呼ばれる民家(古井家、箱木家)は兵庫県にあり、江戸時代のものとされています。
他にも古い民家はありますが、全て江戸時代以降のものです。

町家や農家以外にも、漁師の住まいや中下級武士の住まいなども「民家」と呼ばれていたようです。
つまり貴族や上層武士といった階級の高い住まい以外を「民家」と呼んでいたのでしょう。

町家も地方にそれぞれの町家が(京町家以外にも)ある

町家と言えば京都の町家を連想する方が多いと思いますが、京都以外にも地方にそれぞれの町家があります。
江戸時代に城下町や門前町などに建てられた「商家」や「職人」の住まいを町家と言っています。

そのため、日本各地にも町家があります。
京都以外であれば、金沢も有名です。

町家や武士系住宅などさまざまな歴史的な建造物が今も受け継がれていて、これらを総じて「金澤町家」と呼び観光スポットにもなっています。

地方の町家の特徴は(地方の気候風土により建物が形つくられる)

町家は全国各地に点在していますが、それぞれ地域によって形に違いがあります。
それは、その地方の気候や風土、土地に合ったものが作られているからです。

例えば江戸時代より昔の京都では間口の広さによって賦課金(税金)が決められていました。
そのため建物は、うなぎの寝床といわれるように、間口を狭くし奥に細長い(が税金が安くこれらが一般的)形状になっていったのです。

同様に地方の町家にも特徴があります。
伊勢の町家の場合は屋根が切妻妻入り造りとなっています。(一般的な町家は、平入造りです)
これは伊勢神宮は平入りのため、同じでは畏れ多いということでこの地域に浸透した形です。
雪国には雪国に合った、温暖な気候の地域にはそれに合った、海辺には海の気候に合った形で作られています。

また、新潟県高山の町家の屋根は傾斜が緩やかです。
これは雪が道路に滑り落ちないように工夫された結果です。

このように、それぞれ文化や気候風土によって町家は地方でそれぞれ異なっているのです。