最新情報一覧

住まいと灯り

日本の灯りと歴史

昔日本には今のような電灯や照明がありませんでした。
灯りの最古の歴史は縄文時代に遡り、木をこすり合わせたり、石を打ち合わせて火を起こしたものを灯りにするところから始まります。
そして、原始的な火おこしから油、松やになどの自然素材を使った灯り、ろうそく、ガス灯、照明の灯りへと次第に移り変わっていきます。
日本の灯りの歴史は諸外国に比べると進展が遅く、大和時代に魚油を使って火をともす灯りが登場しました。
当時火の灯りは貴重であり、神事で特別に使用されるものでした。

奈良時代に入ると、仏教の伝来とともに外国の文化が流入してきました。
油で火を灯すほか、ろうそくを用いるようになりました。
平安時代になると、荏胡麻(えごま)の油も使用されるようになります。
街灯が出てきたのは江戸時代からです。
日没後にも出歩く人が増え、旅人が迷わないようにするために、木灯籠や石灯籠が設置されるようになりました。
植物油を用いた行灯やろうそくなども室内や持ち運び用の灯りとして使われました。
1860年以降は石油ランプも徐々に広まりをみせます。

明治時代になると都市に街灯が置かれるようになり、初めてガス灯が普及しました。
1871年に大阪市の造幣局に日本で初めてのガス灯が点灯し、翌年の1872年には横浜市でもガス灯が作られています。
また、明治維新により欧米の技術が取り入れられるようになり、大正時代には白熱電灯、蛍光灯が使われるようになり、ガス灯は次第に姿を消すようになりました。

昭和時代にさしかかると、現在と変わらない電気事情になります。
LEDの実用化は1990年代以降となりますが、安定して電力供給がある環境になり、非常に便利になりました。

世界の灯りと歴史

続いて世界の灯りの歴史です。
日本と同じように、木や油などの自然素材、ろうそくを用いた後、ガス灯、照明が普及しましたが、日本の灯りの歴史より早い発展を遂げます。
ろうそくは紀元前1500年代の古代エジプトですでに使われていました。
ツタンカーメン王の王墓からは燭台が出土しています。
古代から中世にかけては魚油や植物油などを陶器の器に注ぎ、灯芯を載せて火を灯していました。
捕鯨する地域ではクジラの油も使われています。

1800年代になると目まぐるしく灯りの在り方が変わります。
まずはガス灯の登場です。
1792年にスコットランド人のウィリアム・マードックが石炭を蒸し焼きにすることでガスを発生させてガス灯を発明しました。
当初ガス灯は上流貴族の間でしか普及せず、一般的にろうそくが主流でしたが、1812年に世界初のガス会社がイギリスのロンドンに設立されて欧米にガス灯が広まりました。
それから、1879年にトーマス・エジソンがフィラメントを発明したことにより、白熱電球が実用化しました。
このフィラメントの実用化には日本で馴染みのある素材が大きく貢献しています。
当時、フィラメントは炭化した紙が用いられて、1分程度しか持続しませんでした。
そこで、エジソンはフィラメントとして長時間耐えられる素材を探したところ、竹が適していることに気が付き、京都の八幡男山近隣の竹を使って実験したそうです。
また、エジソンは発電・送電システムの発展にも寄与しました。
続いて1900年代になると蛍光灯が発明されます。
1856年にドイツのハインリッヒ・ガイスラーが蛍光灯の起源を生み出し、1926年にエトムント・ゲルマーが応用して蛍光灯の発明をしました。
1930年にアメリカのゼネラル・エレクトリックがゲルマーの発明の特許を買取り、蛍光灯の発売を開始し、世界中に広まりました。

灯り(照明)の計画

日本と世界の灯りの歴史を辿ってきましたが、現在は白熱灯、蛍光灯、LEDが主に使われています。
住まいやテナントを構え、照明のプランニングする際はそれぞれの特徴を知っておくと便利です。
そこで、白熱灯、蛍光灯、LEDの特徴を紹介します。

白熱灯
黄色味のある温かい電球色です。
電球の寿命は短く、発熱量が多くて電気代が高くなる傾向にあります。
蛍光灯
色は昼光色、昼白色、電球色があります。
電球の寿命は長く、電気代は白熱灯に比べて経済的です。
冬などの低温時になると、明るくなるまでに時間がかかることが欠点です。
LED
色は昼光色、昼白色、電球色があります。
寿命がとても長く、白熱灯の約20倍も持ちます。
電球自体の価格は高めですが、電気代はあまりかかりません。
また、電球が急に切れたり、チカチカと点灯することがなく徐々に暗くなるので、取り換え時期が分かりやすいのも良いところです。
LEDは赤外線や紫外線が含まれていないため、照明で照らされる対象物が傷みにくいメリットもあります。
家屋やインテリアの変色や色褪せを防ぎたいときに適しています。

自然光と人工の灯り

ここまで人工的な灯りについてお話してきました。
しかしながら、自然光もとても重要な役割を果たしています。
建物の場合、日の光がないと湿気がこもってしまい、カビが生えやすくなってジメジメします。
人は日の光を浴びることで、睡眠サイクルを作ったり、メンタルを保つことができます。
太陽の光を浴びないと、気分が晴れずうつ病などにもかかりやすくなります。
自然光は生活リズムを整えて心身ともに健康的に暮らすために大切です。
住まいづくりをするときは陽当たりや採光を意識して、間取りを決めることが重要になります。
自然光が入りにくいときは吹き抜けを作ったり、光を通しやすい白色の壁を取り入れることで工夫できます。
また、人工の灯りも生活に欠かせない存在となってきました。
先ほど灯りの計画で出てきた白熱灯、蛍光灯、LEDを使い分けるほかに、電球の色を効果的に使うことが大切です。
電球の色は主に昼光色、昼白色、電球色があります。
昼光色は寒色で青みのある光で、色温度が高いです。
色温度が高いと活動的な印象を与えます。

昼光色は集中したいときに使いたい色で、勉強部屋や作業部屋にふさわしい色です。
昼白色は3色の中で一番自然光に近い色になります。
肌の色が自然の状態で見えるので、メイクをする洗面室などに適しています。
電球色は温かみがあるオレンジがかった色で、安らぎを与えます。
家族で団らんするリビングや食事をするダイニングに取り入れたい色です。
それぞれ用途に応じて使い分けると有効的ですが、お部屋を様々な場面で使用することもあるでしょう。
その場合、調色機能がついた照明器具を使うと明度を調節できて便利です。
自然光、人工の灯りはいずれも私たちの生活に必要不可欠なので、上手く取り入れられるようにしましょう。

京都市右京区 木造住宅のリノベーション 解体工事

京都市右京区の木造住宅のリノベーション工事の現場です。
約50年間住み継がれてきた大切なお住まいを、これからのライフスタイルに合わせて工事をしていきます。
趣のある既存の部分を活かしながら、構造補強と断熱性能をよくする工事を施し、バリアフリーで過ごせるLDK空間と、応接もできるサンルームのある住宅になる計画です。
本日から解体工事が始まりました。

作業に入る前に打合せをしています
打合せ

今回は、部分的に解体が必要なので、場所毎に詳しく解体業者さんと範囲を確認していきます
範囲の確認

建具も取り払われ、着々と解体が進んでいきます
建具

天井裏も見えてきました
解体工事

解体後には既存の基礎などの状態もわかってきます。
状況を確認しつつ工事が進んでいきます。

建築協定について

建築協定とは

建築協定とは、街の環境を保全するために建築基準法の制限よりさらに厳しい基準が定められたものです。
建築基準法第69条には「市町村は、その区域の一部について、住宅地としての環境又は商店街としての利便を高度に維持増進する等建築物の利用を増進し、
かつ、土地の環境を改善するために必要と認める場合においては、土地の所有者及び借地権を有するものが当該土地について一定の区域を定め、
その区域内における建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠又は建築設備に関する基準についての協定を締結することができる旨を、条例で定めることができる。」
という内容が規定されています。

建築基準法は全国を対象に一般的で最低限度の基準を定めたものですが、建築協定の場合はさらに良好なまちづくりを目指して、
地域住民が自発的にルールを決めてお互いに守るように制度化したものです。
建築協定で決めることは、建築物の制限、協定が及ぶ区域、有効期限、建築協定違反があった場合の措置です。
建築協定を制定するには、準備委員会を発足し、土地の所有者等の住民が協定の内容に合意した上で認可申請書類を市町村などの自治体に提出します。
そして、認可申請が受理されたら、書類の縦覧・公聴会の公告が行われて、公述人選定をして公聴会が開かれます。
公聴会では建築協定の認可について直接意見を聴取し、その後特定行政庁の認可を受けて成立します。
建築協定は申請から認可まで数カ月ほどかかります。
また、協定の内容を更新する場合も同じ手順で行われます。

町並みを整える

建築協定があると建築基準法よりも厳しい制限が加わることになります。
敷地、位置、構造、用途、形態、意匠について基準を定めることで、町並みや住環境を整え、住みよいまちづくりをすることができます。
地域の課題や目標に応じて項目を細かく決めるため内容は様々ですが、それぞれの項目の具体例を挙げてみます。

敷地
敷地の最低面積、分割の禁止など
土地が細分化されると建物が密集してしまいます。
無秩序にスプロール化する開発が行われるのを防止し、プライバシーの保護、防災にもつながります。
位置
敷地境界線からの壁面後退など
プライバシーや日照権の保護になります。
構造
建築物の素材、耐火性など
火事、地震などの災害時に被害が広がらずに済みます。
用途
住居専用住宅に限るなど
用途を指定することによって住環境を整え、地域に調和したまちづくりができます。
形態
高さの制限、建ぺい率など
高い建物で断つことで陽当たりが悪くなったり、圧迫感が出てしまうことを予防できます。
意匠
建物の色、屋根の形状など
統一感がある町並みになります。
建築設備
水洗トイレにする、アマチュア無線アンテナの禁止など
町並みの景観や環境に配慮できます。

これらはほんの一例になりますが、地域の実情に即した協定内容が定められます。
厳しすぎると合意を得にくくなりますが、地域住民が主体となって建築協定を決めるとやりがいがあり、
実際に住んでいるからこそ必要なルールを真剣に考えることができます。
住民で意見を出し合って決めた協定を互いに守ることで、町並みを整えることにつながります。

町並みを整えてきた歴史(街道)

街道は場所と場所をつなぐ交通路として発達してきました。
人が道を行き交い、物資が運ばれるのは今も昔も変わりません。
日本の歴史上、交通路が整備され始めたのは、飛鳥時代の頃です。
天皇を中心とする統一政権の誕生により、地域間での交流が生まれました。
日本最古の官道である竹内街道や山辺の道、長尾街道が整備されました。
大化の改新後は律令制度が実施され、京の都を中心に各地方の国府を結ぶ五畿七道ができました。
中世に入ると仏教信仰が盛んとなり、寺院が数多く建立されて、寺院への交通路も整備されました。
鎌倉時代に入ると鎌倉にも政権が置かれ、それまで政権が一極化していた京と鎌倉を結ぶ通路が必要となり、鎌倉街道が整備されて宿が経済の中心地に発展しました。
室町時代も鎌倉時代と同様に街道は流通が盛んで都市として栄えました。

江戸時代になると、幕府が直接管理する五街道が整備されました。
政治色もありましたが、物品の運搬や流通のほか、一般庶民が旅行、観光などでも利用するようになりました。
そのため、街道には並木が植えられて美化が進み、街並みが整えられました。
近代以降になると国道や高速道路、鉄道が整備されるようになり、現在に至ります。
旧街道はその時代の統治機構や通路として機能するだけでなく、歴史上重要になった拠点でもあり、地域の文化や景観を形成する役割を担ってきました。

景観、街並みを意識して

建築協定には自然や歴史的な町並みを残したり、統一的な景観が保たれるほか、地域の特性を活かして観光客が増えるなどといったメリットがあります。
歴史的な街並みの保全、整備は行政が主体となって活動しても、その効果は十分ではありません。
住民がまちづくりに積極的に参加し、行政と一体となって協働することが大切です。
建築協定には有効期限があり、地域のあり方や環境の変化に応じて協定内容を見直すことができます。
有効期限は自由に定めることができますが、長すぎると状況の変化に対応できず、短すぎても協定の内容を活かすことができないため、有効期限は適度な期間を設けることが必要です。

京都市では有効期限を10年にしている地域が多く、自動更新したり、改定を行ったりしています。
建築協定を通じてまちづくりに参加することは、地域の歴史、特性を理解することや活性化にもつながります。
将来的には次世代に地域の景観、街並みが継承されることが期待されるでしょう。

京都市西京区『桂坂の家』お引渡し

防音室のガラスや玄関建具も入り、先日お引渡しをさせていただきました
実際にピアノも入り、より楽しい雰囲気のお住まいに
床材には無垢の杉板を使用しているので、これから御施主様がご自身でオイルを塗り込むご予定です
前回に引き続き、桂坂の家をご紹介します!!

【建物外観】
角波ガルバリウム鋼板の外壁に木製の目隠し格子がアクセントに
外観

【防音室】
ガラスはピアノの搬入後に取付ました 防音室内からもリビングが見えるので、解放感があります
ピアノ

防音性を高めるために二重にガラスが入っています
防音室

【2階サブリビング】
可動式収納のレイアウトの変化で、個室としても使えるサブリビング
床材は杉 天井部分はラワン 梁はベイマツです
サブリビング

【ロフト】
直接お布団を敷いて使えるように床はスノコになっています
格子部分は杉材です
ロフト2

ダクトは「そよ風」のものです
ロフト

【2階室内物干し】
外のバルコニーに繋がるように室内物干しスペースが配置されています
収納棚に跳ね上げ式のアイロン台がついており、洗濯 ⇒ 物干し ⇒ アイロン ⇒ 収納 まで一直線の動線でスムーズに行えます
室内物干し

【主寝室】
ベッドの位置に合わせてブラケット照明を
ブラケット

2間分の容量のある収納スペース
造作建具は全てラワン材です
寝室収納

1階、2階、ロフト、それぞれの空間に繋がりがあり、楽しい雰囲気のお住まいになっています
サブリビングは個室にもなるので、家族の成長に合わせて使えるよう工夫されています
無垢の木の質感と白のペイントでシンプルで心地よい空間になりました

京都市西京区『桂坂の家』完成見学会

先日、桂坂の家で完成見学会を行いました。
当日は、楽器演奏のための防音室を検討のお客様や、空気集熱ソーラーシステムそよ風に興味をお持ちのお客様にご来場いただきました。
設計士さんと家づくりのお話をしていただく良い機会になり、今後の住まいの計画の参考になれば嬉しく思います。
完成見学会の様子と合わせて、完成した「桂坂の家」の1階部分をご紹介します。
設計監理は フォルマ建築研究室さんです。

【完成見学会の様子】
ガラス張りの防音室(見学会の時はまだガラスは入っていません)
基礎コンクリート部分も防音に活かした設計
壁の厚さ等、詳しい説明をしていただいてます
防音室

大きな開口には木製建具が入っています
建具が壁に引き込まれ解放感があります 外からのいい風が入ってきます
大開口

それでは1階部分からご紹介します

【玄関】お客様が沢山来ても対応できる間口の広い玄関
ロールカーテンを設置すれば収納やシンクは隠すことが出来ます
土間の仕上げは墨モルタル
玄関土間

多目的流は汚れた衣類等をすぐに洗えるように
アウトドア用品等も収納できる可動棚も造作しています
多目的流しと棚

シューズボックスも間口いっぱいの大容量
天板はタモ集成材、扉はラワンです
SB

洋服等が収納できるハンガーパイプ付の収納
玄関CL

姿見もあります お客様はこちらからどうぞ
姿見

【家族用とお客様用に分かれた動線】
パントリー側は家族用の動線に パントリーは食器、食品の収納に
パントリー

棚の下の部分には重たいもの(飲み物・お米・お野菜等)を置けるように空けてあります
パントリー下

ホール側はお客様用の動線
デスクとマンガ用の本棚もあります
ホール

【リビングと吹抜け】
吹抜けでリビングと2階に繋がりがあります
リビング

程よい距離感で過ごせる吹抜けのたての空間
吹抜け

【キッチン】
同一線上にあるキッチンとパントリー
キッチン

キッチン後ろの棚は家電等の収納に、カウンター下にはダストボックスが納まるようになっています
カウンタ

見学会では動線や収納の多さにも興味を持っていただきました。
防音室を囲うように回遊できるプランなので、子供さんはくるくると楽しそうに過ごしておられました。
2階部分は次回お伝えします!!