建築中一覧

京都市右京区木造住宅のリノベーション工事 個室の断熱改修

京都市右京区木造住宅のリノベーション工事の現場です。
メインのスペースの工事は完了しましたが、寝室として使用している個室も寒さ対策をとご要望があり
追加で床下の断熱改修をすることになりました。
寝室等の非暖房室は特に部屋の中が冷え込んでしまいます。
暖房室との温度差も大きく、また就寝時に冷たい空気を吸い込むことによる健康被害なども懸念されます。
今回は、床下、壁に断熱材、窓にはインナーサッシでペアガラスをいれる改修をしています。

現況の床下は無断熱
この状態では床下からの冷たい温度が足元から伝わってしまいます
床下部分

床を解体、撤去し、新しく断熱材を入れます
断熱材には、パーフェクトバリア(ポリエステル原料)を使用しています
伸縮性もあり、施工性もよい断熱材です
断熱材

床板には、30ミリ厚の無垢杉板を使用しています
足ざわりが良く、暖かみのある木材です
杉板

施工後 
無垢杉板は熱伝導率が低いので表面温度が暖かく感じられる
杉板2

単板ガラスのアルミサッシュのある出窓部分に、インナーサッシュを設置
断熱性能が向上し結露も抑えられる
道路に面するお部屋等は遮音性能も上がります
インプラス

壁には外壁側から断熱材を施工しています
外壁

京都市F邸リノベーション工事 天井貼工事

「京都市F邸リノベーション工事」
現場では内部の造作工事がすすんでいます。
今回のリノベーション工事では、竿縁天井、網代天井など、空間により様々な設えの天井がみられます。

杉板の竿縁天井
和室の天井は網代天井
竿縁天井

縁の網代天井

竿部分の胡麻竹
網代は黒部へぎ板
網代天井2

同じ網代でも編み方変わると印象が変わる
亀甲アジロ
網代3

網代の下り天井とヨシベニア貼の天井
網代とヨシベニヤ

天井の設えで空間の印象はずいぶん変わってきます。

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」基礎工事が始まりました

京都市右京区「鳥居本の家」基礎工事が始まりました。

根切底(砕石を敷き詰める面)に砕石を敷き詰め、締め固めていきます。

砕石の目的は、根切りした面、掘削の地盤面(基礎底)を平滑化、安定化させ、十分な耐力を持つ基礎の底盤をつくる事です。

基礎が完成すると見えなくなる部分ですが、大切な工程なのですね。

敷地に少しづつ建物の外周が現れてきました。

砕石の上から締固めます
締め固め

砕石の無い丸い部分は柱状改良の杭部分
基礎のコンクリートと杭がしっかりつくようにします
柱状改良

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」地盤改良工事

京都市右京区「鳥居本の家・K邸新築工事」地盤改良工事の様子です。
鳥居本の景観になじむ、軒の出の深い瓦屋根と、切妻屋根のシンプルな外観を持つ建物です。
建築前の地盤調査の結果、地盤改良が必要になりました。

改良が必要な部分をアースオーガーで支持地盤まで掘削します
地盤改良2

基礎底板部分から支持地盤まで掘削されました
地盤改良3

地盤改良材を流し込み現場コンクリート杭を制作します
地盤改良

地盤改良後は8月の竣工に向け基礎工事が始まります。

大阪市城東区「関目・T邸新築工事」地鎮祭

大阪市城東区「関目・T邸新築工事」地鎮祭が行われました。

建物は特徴ある広い玄関土間に、内部は京町家のプランと「和」の素材の格子や障子を使い、木の素材を活かした造作家具が収まるシンプルな平面です。

工事の無事とお施主さまご家族の繁栄をお祈りしました
地鎮祭

玉串(たまぐし)を神前に捧げます
地鎮祭2

これから竣工まで気を引き締めて工事を進めてまいります。