建築中一覧

京都府長岡京市T様邸新築工事 防水工事と、VELUX社製の天窓を設置しました。

京都府長岡京市T様邸新築工事の現場です。

現場では内部造作工事と並行して、防水、屋根、外壁下地、給排水配管の工事などが進んでいます。

T邸は2階、3階に居住スペースがあり、それぞれの空間に、バルコニーやデッキテラスを設けており、
プライバシーの保たれた外部空間が多くあるお住まいとなっています。

2階は南側のリビングに面しては約13㎡のデッキテラス、北面の個室に面してはL字型のバルコニーがあり、
その多くが1階のインナーガレージ上にあります。

3階には約12.5㎡の物干しバルコニーがあります。
道路から反対側なのと両サイドは外壁に囲まれているので、、洗濯ものが外から見えることがありません。
また、洗濯スペースなどの家事室が3階に計画されてるので、家事動線も良さそうです。
こちらの物干しバルコニーは2階リビングの真上に位置します。
階下に水が入らないよう、防水工事が必要になります。

今回は防水が必要な床面をFRP防水で工事していきます。
FRP防水は軽く、硬さがあり、船やプール、屋上防水などにも使用されています。
勾配をつけ、下地を造った上に、下地にポリウレタン樹脂(シーラー)の塗布処理をして、その上にガラスシートを敷き、不飽和ポリエステル樹脂を塗っていきます。
職人さんは、ガラスシートが段差にならないよう塗り重ね、空気が入らないように、しっかりと密着させていきます。

最後にトップコート(仕上げ塗装)を塗り完了です。
固まると継ぎ目のない、一体化した防水層になります。
2階のリビングに面したテラスには防水層の上に樹脂製のデッキを敷きます。

リビングの上の屋根には縦横1メートル以上ある大きなトップライトを設置します。
こちらは北欧デンマーク生まれの天窓専用メーカーVELUX社製です。
遮断熱複層ガラスで、遮熱効果があり、また、通常のガラスと比べ水滴や汚れがつきにくくなっています。
一度箱から出し、寸法、位置を確認し、屋根面を開口していきます。
 

リビングに自然光が入りました。
天窓の効果は凄いなと実感します。

こちらの現場では8月21日(土)に構造見学会を予定しています。
SE構法の構造材を見ていただく、貴重な機会になっています。

ご興味のある方は、こちらの見学会のお知らせより、お申込みください!!
8月21日(土)「京都府長岡京市T様邸新築工事」SE構法の構造見学会を開催します

以前の現場ブログはこちらをご覧ください。
京都府長岡京市T様邸新築工事 上棟しました。
「京都府長岡京市T様邸新築工事」建て方
「京都府長岡京市T様邸新築工事」着工しました。
「京都府長岡京市T様邸新築工事」 SE構法でプランニング進行中です

お問い合わせ