現場のブログ一覧

築29年の住宅リノベーション 2月3日(土)完成見学会です!!

築29年の住宅リノベーション、内装も仕上がり、現在最終の仕上げ工事中です。
こちらの住宅は完成見学会も予定しています。
☆ご予約受付中です☆
詳細はこちら↓↓
完成見学会のお知らせ

吹抜け部分にロートアイアンの手摺もつきました
手摺

リビングから吹抜けを見上げた場面 サッシは全てペアガラスに入れ替えました。
吹抜け

玄関収納は漆喰で仕上げてます
上部を丸く仕上げた入り口
内部は一畳程、棚、ハンガーパイプがあるので、普段使いの上着やレインコート等の収納にも重宝しそう
玄関収納の空気が動かないので、意外と湿気が多い場所です。調湿性能を上げるために、杉板や漆喰等の自然素材を使用し、換気扇も取り付けました
玄関

サブウェイタイルを使用したキッチンカウンター
奥に見える造作家具等木部は柿渋塗で仕上げてます
キッチンも造作で製作しました
キッチン

リビング、奥の古建具はお施主様が塗装をされました
リビング

写真ではお伝えできない、自然素材の質感等、実際に完成見学会でご体感ください!!
たくさんのご来場お待ちしております!!

向日市N邸 「蔵の家」のリノベーション

向日市N邸「蔵の家」のリノベーション工事がスタートします!!

母屋に隣接する「蔵の家」以前は農機具や物置として利用されていました

今回フローリング貼の居室にリノベーション工事をします

現況を下の写真でご紹介します

外部には農機具等の収納スペースが付け足されていますが、
こちらは撤去し、手前はコンクリートの土間になる予定です
外観2

母屋に隣接した様子
木製の扉はLow-eガラスの入ったのサッシに変わる予定です
外観2

現況の入口は掃出しのサッシに変わる予定
入口

既存の土壁の上に漆喰塗りで仕上げ、窓も新設する予定です
内部

大きなゴロンボのある空間
屋根面に断熱材を施し、
トップライトで明かりを取り入れ、ロフトと吹抜けのある空間になります
小屋裏

竹小舞荒壁塗りの壁の伝統的な造り
竹小舞の壁

玄関、トイレも備えた離れの空間としての計画です。
今後も工事の様子をお伝えします!!

築29年の住宅リノベーション工事 ②

現場で大工さんが木工事中です。
壁も立ち上がり、室内の形が見えてきました。

階段
前回は工事用の梯子がかかっていた吹抜け部分。
桧集成材の階段も完成。

造作家具
廊下部分の造作デスクと棚

打ち合わせ
キッチン部分。おさまり等、大工さんと検討していきます

外部
外部は、たたき風洗い出し。
玄関土間は、墨モルタル等で仕上げる予定です。

木造住宅リノベーション工事の引き渡し

先日、木造住宅のリノベーション工事が完了し、引き渡しをさせていただきました。

建物は築約50年。お施主様のご両親が生活していた大切なお住まいを

住み継がれていくため、工事を行なわれました。

断熱材が入っていた箇所もあったのですが気密などがほとんどなく冬はとても寒く、夏はとても暑いとおしゃっていたので

今回新たに改修させれいただいたお部屋の外壁部、天井裏には断熱材を充填し、窓はインナーサッシと新設したサッシはLow-eペアガラスの樹脂アルミの混合サッシにしました。

以前は聚楽壁で畳みの和室だった2階は杉の床に壁はタナクリーという漆喰の塗り壁で仕上げました。

2階洋間

1階キッチン

なるべく自然素材でというご要望だったので可能なところは自然素材を使用しました。
こちらは前回のブログで素材を紹介させていただいてます。ご参考になさって下さい。⇒住まいと自然素材

机
写真はお父様が使っていた文机です。
今回の工事の際に大工さんが削って、塗装を施し、テーブルに生まれ変わりました。

世代を超え大切な物を使い続けていく。

こういった想いを仕事する仲間と共有し、家づくりをしていきたいと改めて感じました。

築29年の住宅リノベーション工事

境界線ぼかした外観

築29年の住宅のリノベーション工事の現場です。

内部を解体し、間仕切り壁、水回りの位置、間取りも大きく変えるリノベーション工事です。

元玄関ホール
元は玄関ホールにあった吹き抜け上部に天井と2階床を新設。

吹き抜け
リビング部分に階段と吹き抜けをあらたに作り、明るく解放感のある空間にしていきます。

既存断熱材は柱間にグラスウールがあったが、隙間が大きく有効な断熱効果が得られない。壁の断熱材は交換し断熱性能を高めていきます。
床暖房も新設予定なので、床下もしっかりと断熱していきます。

地域散在
内装には地域産材の杉等を使用する予定です。

新たな間取りの空間が完成するのが楽しみな現場です。