社員のブログ一覧

気密測定をしていただきました。

先日完成見学会を開催させていただきました大山崎の家で気密測定をしていただきました。(見学会の様子は後日UP致します。)

弊社で施工のお手伝いをさせていただきました下鴨の家の設計士さんでトヨダヤスシ建築設計事務所の豊田さんに測定をしていただきました。

こちらが測定の為の機械です。株式会社EOM製のドクタードルフィンという機械だそうです。昨年度から高気密住宅の施工のお手伝いをさせていただき数回測定にも立ち合わせていただいているのですが機械についてまでは(気密についてもですが。。。)なかなか知識が深められずまだまだ勉強中です。

200φの整流筒を外部に抜いて屋内の空気を外に流します。

 

現場中の換気扇に目張りをし空気の出入りを出来るだけシャットダウンします。

実は測定のお手伝いをするのに精一杯で実験中の写真は測定いただきました豊田さんからいただいたものです。測定中の私は家中をめぐり気流がどこにあるか調べます。(すみません、、、。だからどういう所に気流があるなどの写真を撮るのを忘れてしまいました!)
ほとんどの気流を感じたのは一部の引き違いサッシの上部隙間くらいでした。数値も高気密住宅と言われる住宅の数値がだいたい2cm2/㎡を随分と下回る数値で良い結果が出ました。
それでも大山崎の家の設計士の西村設計工房の西村先生は豊田さんと省エネ談義でより性能をよくする為の方法などを聞いておられました。すまい手様がより快適に過ごしてくださるお住まいを設計するにはどうすれば良いか常に探求されておられるお二人の設計士さんのお話を聞けたこともとても貴重な時間となりました。

気密測定の目的として建築後間もない気密性能を測定することにより、問題点の発見と現時点での相当隙間面積を把握するこが目的です。また気密の必要性については
1)漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性を図る
2)壁体通気を抑制し断熱性能の低下を防止する
3)室内結露を防止する
4)計画換気の性能保持
(トヨタヤスシ建築設計事務所気密測定報告書より抜粋)

弊社の自社物件でもこれからこういった経験を活かしたお住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

京都市右京区「広沢の家」1月末に完成予定です

京都市右京区「広沢の家」打ち合わせを重ねながら、1月末日の完成に向け工事が進んでいます
黒の外壁が印象的(色名はミストブラック)
木の外壁もキシラデコールで塗装されました
外観

玄関土間の墨モルタル
現場でサンプルを確認しています
色合いだけでなく、濃い色なので、実際どの程度の砂ほこりが付くのかなど気になるところを確認していただきます
外観のイメージにもあったカッコいい仕上りになるのが楽しみ
墨モルタル

吹き抜けになったリビング
鉄骨階段も付きました
リビング

リビングの造作棚
天板の下部分に棚板が入る予定なのですが
棚板の数、可動部分、固定部分等、使い勝手を考えて最終の確認をしています
リビング棚

造作棚に使用する板材もちょうど到着
棚板

養生中ですが、キッチンです
L字形で広々としています
キッチン

こちらのお住まいは完成見学会も予定しています!!
お知らせページに詳細がありますので、ご興味のあるお客様はぜひお問合せ下さい!!

完成見学会のお知らせはこちら

「大山崎の家」外部テラス工事

京都府乙訓郡大山崎町「大山崎の家」外部のテラス工事が進んでいます
軒もオスモで塗装され、黒い焼き板の外壁に、破風部分に赤色のアクセントが加わりました

外観

こちらは外壁の焼き板
板目も良い雰囲気です
焼き板

高台からの眺めの良いテラス
デッキ工事

リビングと一続きになったテラス
1階テラス

建物内部では塗装工事が進んでいます
内部塗装

1月末の完成に向け、工事が進んでいきます。
完成見学会も来年1月末日で予定しています。
ご興味のあるお客様はぜひお問合せ下さい!!

東大阪市N邸新築工事 お引渡し 

東大阪市N邸新築工事 外構工事が進む中、お引渡しをさせて頂きました。
こちらの住宅は親世代と子世代がお住まいになる、2世帯住宅です。
白を基調としたシンプルでモダンな住宅の様子を一部ご紹介させて頂きます。

外装材をジョリパットで仕上げた外観
外観

吹抜けのあるリビングダイニング
間接照明が空間のアクセントに
リビング

手摺のデザインが個性的な鉄骨のストリップ階段
軽やかで空間が広く見えます
階段下のゲート部分はドッグルームになっています
鉄骨階段

畳スペースの壁は漆和紙貼り
漆和紙

2階部分のシンプルなキッチン
2階部分のキッチン

容量のあるウォークインクローゼットは6.9畳の広さがあります
家具も姿見も備え付けで設えています

家族全員が使われるシューズクローク
壁一面に棚が設えてあります

新しい生活に向け、一部家具も搬入されました
ゆったりと寛げそうなソファとテーブル
家具屋さんにイメージを伝えたところ、ピッタリなものをご提案下さったそうです
家具

N様本日は誠におめでとうございます

設計は松本建築事務所 MA2 ARCHITECTSさんです
松本建築事務所 MA2 ARCHITECTS

「大山崎の家」造作家具工事

京都府乙訓郡大山崎町の「大山崎の家」は壁一面に、お施主さまがお持ちの蔵書を納める本棚・飾り棚を設えたお住まいです。
書籍の収納や、趣味のものをレイアウトするのも楽しいですね。
造作家具や床下物入など、収納計画も参考になります。

壁一面の造作棚
飾りたな

階段下には造作机もあります 同じ高さラインで仕上げてあるので、好きなところに椅子を置いてデスクとして使用できます
階段手摺は国産の無垢栗材です
天井、壁は塗装下地の処理中の様子です
階段

階段板は以前に倉庫で選んでいただいたナラ材を使用しています
玄関ホールには靴や上着なども収納できる可動棚付きの収納を造作しています
階段

対面式のキッチンも後ろの食器棚も作り付けです
食器棚

こちらは物置のスペースです
棚板もあり、パントリーとしても使いやすそう
パントリー

内装仕上げや、設備が入るのが楽しみです。
完成見学会は来年1月末日で予定しています。
ご興味のあるお客様はぜひお問合せ下さい!!