最新情報一覧

(社長のブログ)第10回里山交流会の報告

 第10回里山交流会(植林)を、京の山・杣人工房 嵯峨木のこゝろ『風』主催で、3月25日(土)京北地区で行ないました。
当日は、植林日和といえる好天で、総勢40名の参加者で杉の苗を約200本植えました。
京北銘協に集合して、山本晶三氏から植林の意義等の説明を聞き、風の他の活動についても夏の木工教室や出前授業(木育.住育)やグリーンウッドワーク等活動報告を聞いてもらいました。
その後、植林をする山に移動し、京北銘協の米島理事長の植林の仕方の説明を聞き、
それぞれが約2時間、里山(とはいえ急峻な所もありましたが)で植林をしました。
その後、京北銘協へ戻り銘協倉庫で北山杉(磨き丸太)や他の材の話を室田理事から説明を受けました。
が皆さんこの北山杉の値段(現在の)を聞いて余りの安さ(手がかかっているのに)にびっくりをされていました。
特に近年、床柱材として使われなくなってきている(和室そのものが少なくなっている)のも大きな原因の一つです。
倉庫での説明を終えると、外では小倉名人仕込の鮎の塩焼きの香ばしいにおいがただよい、一同のおなかを刺激してこの辺でバーベキューと懇親会と相成ります。
例年参加される方がほとんどでしたが、今回新しく参加されたご家族の方も植林が、思ったより大変な仕事(重労働)だと言われていましたが、後の昼食の鮎の塩焼きや鹿のバーベキュー等に感激をされていて、来年の参加も誓い合い解散となりました。皆様大変おつかれさまでした。
後は7月29日(土)夏の親子木工教室ですね。

 写真1    
      植林開始               

 写真2

     ご家族で植林

 
       
     鮎の塩焼き             

  

     食事風景

ペレットとペレットストーブについて

最近話題となっているのが『ペレットストーブ』です。
よく薪ストーブと比較されますが、実際のところ、2つの違いが分からないという方は多いと思います。
ペレットストーブの『ペレット』とは、造粒物を球形や円柱状に固めたものを指しています。
『ペレット』という言葉自体は、ペットの飼料やプラスチックをそのように形成したものも指します。

ペレットストーブは、木々を粉々に砕いて粒子状にし、それを乾燥させて円柱状に固めた木質ペレットを燃料とするストーブです。
木が原料となるため、環境にやさしく、地球温暖化防止対策にピッタリです。
しかし、木が原料ならば薪ストーブも同じでは、と思ってしまいます。
そこで少しだけペレットストーブと薪ストーブの違いを説明したいと思います。

~ペレットストーブと薪ストーブの違い~

◎排気方法

ペレットストーブと薪ストーブの大きな違いの一つが排気方法です。
ペレットストーブは、電気でファンを回し、燃えた燃料(ペレット)の排気を屋外へと出しています。
一方、薪ストーブは煙突のドラフト効果を利用して屋外へと排気しています。
そのため、ペレットストーブの設置はとても簡単で、壁に穴を開けて排気管を通すだけです。
薪ストーブは煙を4m以上設置しなければならないので、とても大がかりな工事が必要となります。

◎燃料の違いと燃費の差

ペレットストーブと薪ストーブの違い、二つ目が燃料です。
ペレットストーブの燃料は『木質のペレット』ですが、薪ストーブはその名の通り『薪』です。
同じ木ではありますが、木質ペレットと薪は全く違うものです。
燃費にも差があります。
例えば、1日8時間ストーブを使う前提で計算してみます。

  • ペレット:~10キロ・・・500円~600円<1ヶ月で約15,000円~18,000円>
  • 薪:2~4束・・・1,000円~2,000円<1ヶ月で約30,000円~60,000円>

上記で分かるように、かなりの差があります。

導入するならば薪ストーブよりもメリットの多いペレットストーブですが、それを導入(購入)するのあたり、京都市では補助金が適用されています。
京都市は町ぐるみで地球環境問題に取り組んでいます。
そのため、地球温暖化防止対策となるペレットストーブの導入を推奨しています。
ペレットストーブ購入費用・設置費用の3分の1以内、150,000円を限度とした補助金があります。
そんなペレットストーブとペレットは当社でも取り扱っています。
本物の無垢材や地元産の木材にかかわっている当社だからこそ、環境にやさしいペレットストーブをおすすめしています。
家を新築される際やリフォームされる際に、導入されてみてはいかがでしょうか。

古材と強度について

住宅の多くは木材で作られています。
他にも鉄筋コンクリート造りの住宅もありますが、ほとんどの場合、住宅には材木が使用されます。
木材はとても大切な資源であり、日本では昔から古材の使い廻しの習慣があります。
古材とは築50年以上の民家につかわれていた木材のことです。
現在は外国から輸入されている外国産の木材が当たり前になっていますが、以前(戦前)はほとんどの住宅が地元で育った良質な木材を使用して家が建てられていました。
戦前日本は、資源が豊かであったため、わざわざ木材を輸入する必要がありませんでした。
しかし、戦後日本は高度経済成長期に建築ブームとなり、これを皮切りに外国産などの安い輸入木材が使用されるようになりました。

古材としての木材は、長い時間をかけて使われているため乾燥も十分で、古材として使い廻しをすることができます。
ただ、古材として認められるのは建築基準法制定(昭和25年)以前に建てられた工法で、現在では民家や町家の建物のものとなっています。
50年以上の時を経ても再使用され、新たに形を作り出すことができる古材は、素晴らしい素材だと言えるのではないでしょうか。

古材を使うと強度が低くなってしまうのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは大きな間違いです。
国産の良質な木材(古材)は、年月が経過する度に強度が増していきます。
強度が増した古材は、新しい価値を持った魅力ある材として見直されています。
京都には数多くの古い民家、歴史的な建物が残されています。
京都を代表する建物(民家)として有名な『町家』もその一つです。
京都では昭和25年以前に建てられた町家や民家の柱や梁材が再使用されているところも数多くあります。

~古材を再使用するメリット~

◎強度が増している

新しい木材は近年人工的に乾燥させていることが多いため、木材の粘り気や色艶等が落ちてしまいます。
古材は自然乾燥されたものが多いため、経年とともに強度が増していきます。
『丈夫で長持ち』という言葉があてはまる言えるでしょう。

◎地球環境に優しい

家を建替えする場合、必ず木材をはじめ、さまざまな廃棄物が出てしまいます。
しかし古材を使用することにより、それを減らすことができます。
廃棄処分は地球環境に悪影響を及ぼしますが、古材を使用すればそれを減らすことができるので地球環境に優しいと言えるでしょう。

◎古さが持つ趣(侘び)ある家の実現

古材には新材にはない侘びの風情があります。
その趣(おもむき)が住まいに新しい価値を加え、風情ある家を実現することができます。