最新情報一覧

建築のJASとJIS

住宅素材の規格は

住宅に使われる建材には木材、鋼材、コンクリート、石材、溶剤などがあります。
生活基盤となる住まいは安心・安全で長持ちすることが求められます。
建築に関する法律は複数存在しますが、家づくりには建築基準法が深く関わっています。

建築基準法とは安全で快適に過ごせる建物について最低限のことを定めたルールです。
時代とともに法改正を伴うこともありますが、建築基準法では建物の敷地、設備、構造、用途などが定められています。
建築基準法で住宅素材の規格について、建物の基礎、主要構造部に使用する建材はJISとJASに適合するように明文化されています。

JASは

JASとはJapan Agricultural Standardの略称で「ジャス」と呼ばれます。
食品・農林水産品の成分、性能、品位に関する規定で、国に登録認証された機関からJAS規格を満たすことが認定されると、JASマークをつけることができます。

食品・農林水産品は食べ物のイメージがありますが、建築にも関係があります。
建材として使用される木材や和室の畳はJASの対象です。

木材で規格されている内容には、乾燥材の含水率、保存処理表示、強度性能表示があります。
木材の含水率とは木に含まれる水分量のことです。
建築に使用される木材は予め乾燥して使われますが、その含水率によって建物の予後が変わります。
木の種類、心材、辺材によって含水率に差があり、20%以下にすることが望ましく、乾燥が不十分だと建築後に不具合が起こります。
木材は徐々に乾燥して収縮するため、建物の完成後に乾燥が進むと建て付けが悪くなったりゆがみが生じます。
最悪の場合、木材が変形して割れるおそれもあります。
乾燥材のメリットは建築物の強度が増し、気密性、保湿性も良くなります。

保存処理とは、木材の防腐・防虫処理のことです。
JAS規格では木材に使用する薬剤と有効成分の吸引量が定められています。
強度性能表示は目視、機械によって木材の強度を確認します。
木材の基準強度は木の種類、等級によって決まります。
JAS規格を満たした木材は品質・性能が安定しています。

JISは

JISはJapan Industrial Standardの略称で「ジス」と読みます。
正式名称の日本工業規格と呼ばれることもあります。
JISは工業製品について定められる日本国内の国家規格で、工業標準化の促進が目的です。
自由化すると無秩序で複雑化してしまう事象を取り決めることで、安全性・公正性の確保、技術革新の向上を図ります。

JISの規格数は1万を越えます。
医薬品、農薬、化学肥料、農林水産品を除く工業製品が対象で、自動車、鉄道、船舶、鉄鋼、化学、電化製品、情報処理、日用品などに幅広く適用されます。
身近にありふれた製品もJIS規格で標準化されています。
例えば乾電池や蛍光灯はサイズ、出力数が統一されているので、メーカーが異なっても製品に大きな違いはありません。
子供服にフードひもが使用されなくなったこともJIS規格が影響しています。

JISには任意の規格と強制力を伴う規格があります。
強制力を持つ場合、法規に引用されて義務づけられるため、違反すると一般的に罰則が適用されます。
現在177の法律、政令、省令などにJISが引用されています。
強制法規には土木・建築の項目があり、製図、太陽熱温水器、コンクリート、くぎ、接着剤、パーティクルボード、壁紙、ガラス用フィルムなどについて規格されています。

住まいの素材・木材はJAS(住まいは工業製品だけでは作れない)

JASとJISは対象が異なりますが、製品の品質と安全性を確保する点は共通しています。
建築分野では建築基準法により、JASとJISは必要不可欠です。
安心で快適な住まいをつくるには、素材の安全性と優れた建築技術が求められます。

日本の住まいには木材が欠かせません。
日本は豊富な森林資源を保有しています。
国土の約2/3にあたる2500万haは森林で、その4割は人工林です。
木材の自給率は低く30%強で、健全な森林サイクルを保つためには積極的に木材を利用して循環させることが大切です。
H22年に公共建築物等木材利用促進法が制定され、建物の木造化が推進されています。
2013年にはCLTがJAS規格に加わりました。

CLTとはクロス・ラミネーティッド・ティンバーの略称で、新しい木質建材として注目されるパネル板です。
CLTは1990年頃にオーストリアで普及し始めた建材で、ヨーロッパ、アメリカなどを中心に利用が広まっています。
JASは住まいに使用される素材・木材の品質の判断材量になります。
JAS規格の木材は木の種類、寸法、等級が決まっていて、日本国内であれば安定した品質の木材を入手できるので、安全性の高い住まいづくりに役立つでしょう。

京都市左京区「岩倉の家新築工事」上棟しました

京都市左京区「岩倉の家新築工事」
先日上棟式が行われました。
これまでの工事が無事に進んだことを感謝するとともに、これからの工事の安全祈願をしました。
棟札

家の四方を清めています
すみ餅

土台と柱の取り合い部分
長ほぞ差し

土台の仕口の様子

こちらの現場では、5月18日(土)に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市左京区「岩倉の家」構造見学会のお知らせ
 

京都市左京区「岩倉の家新築工事」構造見学会のお知らせ 令和元年5月18日(土)【こちらの見学会は終了しました】

現場ブログでもご紹介しております「岩倉の家新築工事」建て方が完了し、構造の躯体が出来上がっております。
この度お施主様のご厚意で構造見学会を開催させていただきます。
お茶室のある2階建ての住宅です。
構造材を手刻みで加工しております。

日程:令和元年5月18日(土)
時間:10:00~16:00
場所:京都市左京区(お申込み後詳細地図を送らせていただきます)
※個人様のお住まいのため見学お申込みは予約制とさせていただきます
※現場の状況により日程が変更になる場合がございます。その場合は個別にご連絡をさせていただきます
下記に必要事項をご記入の上お申し込み下さい(必要事項をご記入の上FAXでもお申込み受付しております)

お住まいの建築をご検討のお客様にぜひご覧いただければと思います。

こちらの見学会は終了しました。

京都市左京区「岩倉の家新築工事」手刻みの構造材

京都市左京区「岩倉の家新築工事」では、構造材を手刻みで加工しています。
「岩倉の家」は茶室のあるお住まいです。
構造体を見せる造りや納まりの部分では、手刻みの技術と精度が求められます。

加工前に工場で打合せ
打合せ

それぞれの材の含水率の確認も大切な作業です
含水率

墨付けを行い「継手」「仕口」を作ります
手刻み加工

一つづつ木材を加工し、引っ張りやねじれに耐えられる木組みにしていきます
手刻み

こちらの現場では、5月18日(土)に構造見学会を予定しています。
詳しくはこちらをご確認ください!!
京都市左京区「岩倉の家」構造見学会のお知らせ
 

建築設計とCAD. BIM

建築設計とPCでできる事(設計、工程管理、原価管理等)

建築設計には設計図が必要です。
設計図には基本設計図、実施図、施工図、竣工図があり、これらの図をもとに施工業者は住宅を建てます。

基本設計図は建物の形や構造、設備などを把握できるように図面化したもので、配置図、平面図、立面図、断面図などがあります。
建物の新築・増改築を行う場合、建築工事に入る前に建築確認申請を行って確認済証の交付を受けなければなりません。

建築確認申請では建築主事である役所か指定確認検査機関が、設計図をもとに建物が法令に適合しているかを確認します。
建造物の規模と構造にもよりますが、原則的に設計図の作製は建築士が行います。
図面は建造物の修繕・リフォームなどの際に必要になるので、必ず受け取り失くさないように保管しましょう。

設計図はひと昔前までは手書きで行われていましたが、PCを使用して図面化されることが一般的になりました。
PCを使用することで設計図の作成作業が容易になり、web環境に接続することで設計図のデータを送受信できます。

建築には建物の設計者の他に施工業者、建材・設備の下請業者など多くの人が関わります。
設計データを共有することでスピーディーに作業が進み、施行ミスが少なくなります。
工程管理と原価管理ができる機能性も注目されています。

CADは(特徴、できる事)

CADはコンピューター上の設計支援ツールで、製作した図面は解析・処理できます。
1960年頃に航空機の設計で利用され始めました。
建築のほかに機械の設計にも使われています。

CADは手書きに比べて線や図形を簡単に作成でき、移動、消去、コピーが可能です。
特定のコマンドを使用することが求められるので、操作テクニックが必要です。
CADの欠点はツールだけでは建築設計が成り立たないことです。
基礎となる設計の構想がないと、具体的な図面を作製することはできません。

CADには二次元CADと三次元CADがあります
二次元CADは構図が平面になるため、図面化する際に立体を平面に変換する必要があります。
設計上のミスが起こりやすく、整合性が取れない図面は修正が必要です。
設計図を確認する際は平面図から立体図をイメージしなくてはならないので、図面を認識するために空間把握能力が求められます。
図面を見て正確な情報を得るのに時間がかかり、誤解が生じやすいデメリットもあります。

三次元CADでは立体的に図面を作成します。
様々な角度から設計図を確認することが可能です。
二次元CADと比較すると設計ミスは少なくなります。
建築設計でCADを用いるなら三次元CADが優位です。

三次元CADは二次元CADより初期投資がかかるほか、高性能なパソコンが必要とされます。
CADは二次元CAD、三次元CADともにモデリングと作図力が求められるので、ツールの使用だけに頼らないことが大切です。

BIM は(特徴、できる事)

BIMはビルディング・インフォメーション・モデリングの略称で、三次元CADと同じく3Dモデルです。
BIMでは企画、基本設計、実施設計、維持・管理を一貫して行えます。
設計図は整合性を保ちやすく、設計上のミスが少なくなります。
図面の変更も一括して行えるので修正作業も簡単です。

BIMは建築物のイメージを共有しやすく、施工主と設計者、事業者間での意思疎通を図ることができます。
設計図は視覚的に分かりやすいだけでなく、パーツ、図面ごとに切り出すことが可能です。
短時間で建物の詳細を把握でき、業務プロセスが効率化されて作業スピードが上がります。

BIMの設計図には寸法、素材、原価などの情報も加わります。
必要な建材と設備、部品の数を把握することが可能で、予算のシミュレーションにも有効です。
BIMは設計監理をしているので、建物の施行後に建造物の補修が必要になったり、設備に不具合が出た際にも便利です。
各部品・設備のメーカーや製造年月日などを確認できます。

BIMは設計の企画から施工後まで管理できるシステムで大企業を中心に普及が広まりつつあります。
導入は義務化されていないため、初期投資とランニングコスト、人員の確保で中小企業での運用が課題です。
BIMはCADの場合と同様にモデリングの知識が必要です。

未来は(これからどう進むか)

CAD、BIMを導入することで建築設計の情報を提供し、共有することが可能になります。
2010年に国土交通省が官庁営繕事業におけるBIM導入プロジェクトの開始し、2014年にはガイドラインが発表されました。
BIMのように多くの情報を蓄積できる機能性の高いシステムを運用することで、企画、基本設計、実施設計、維持までの工程を一元管理できます。
海外ではBIMの利用を義務付けしている国もありますが、日本では義務化されていないためシステムの浸透に時間がかかるでしょう。

BIMは施行主、設計者、事業者が建造物に対して共通理解を深めることで、発注ミスや施工不良などのトラブルを未然に防げます。
昨今問題となっている違法建築の予防にもつながるでしょう。
3Dモデルを用いた建築設計は可視的で分かりやすく、顧客の満足度を高めることも期待されます。

今後生産年齢人口が減少し、建築業では就業者数の確保が難しくなります。
施行技術の低迷も懸念される中、BIMは建築業界で変革をもたらせるツールとなるでしょう。